仕事がつまらない理由と30代からのやりがいの見つけ方とは?

どうもです。

拓です。

 

企業説明会に企業側として参加したり、インターンシップの担当をしていると、学生たちからよくこんな質問を頂きます。

 

『これまでどんな仕事にやりがいを感じましたか??』

 

この質問が飛び出す度に、僕の心は複雑な心境になります。

今回は『やりがい』の本質って一体何なのでしょうか?っていうお話です。

 

会社はやりがいを提供していない

やりがいのある仕事がしたい・・・

確かにやりがいを感じないよりは、やりがいがあった方がいいと思うのはごくごく普通の考えですよね。

会社に勤めれば少なくとも1日の半分くらいを仕事に費やすことになるので、仕事にやりがいを求めるのは、とても健全な考えだと思います。

 

しかし、基本的に会社という場所に『やりがい』を前提とした仕事は存在していません。

会社とは、やりがいある仕事を社員に提供しているのではなく、企業の利益になる仕事を社員に提供しています。

 

つまり、やりがいとは、会社が与えてくれるものではないのです。

 

やりがいを感じるかどうかは自分次第

時々、やりがいある仕事を前面に押し出した企業キャッチフレーズを見かけることがあります。

いかにも楽しそうに、熱い仲間たちが待ってるぜ!みたいな企業ポスター。

まだ社会を知らない若者の希望に漬け込むような、あの手のキャッチフレーズやポスターを見かける度に、とても悲しくなります。

ある意味、消費者を優良誤認させる誇大広告と同じです。

 

繰り返しになりますが、会社はやりがいを保証した仕事を提供していません。

やりがいのある仕事であるかどうかは、会社が決める事ではなく、そこで働く社員が決めることです。

 

会社はやりがいを提供していませんが、そこで働く社員がやりがいを感じて働けるのであれば、それはとても素晴らしいことです。

やりがいとは、会社に転がっているものではなく、自分で見つけるものなのです。

 

やりがい=苦痛

『やりがいある仕事』とは、とても耳に心地よい言葉に聞こえます。

しかし、やりがいの裏には必ず苦痛が隠れています。

やりがいと苦痛は表裏一体です。

 

周囲から見て、明らかに大変だと思われる事、できればやりたくない事・・・それをやった結果得られるのがやりがいです。

 

やりがい=苦痛であると言っても良いと思います。

つまり、やりがいある仕事を求めることは、苦痛を求めていることと変わらないのです。

 

なので、その苦痛をやりがいと感じる為の考えが、とても大切になってきます。

 

やりたくない仕事にやりがいは見いだせない

会社で働く理由ってなんなんだろう?

いろんな考えや理屈があると思いますが、その根底には必ず『給料』があるはずです。

 

給料がもらえないのに会社で働く人はいないません。

生活の為に、やりたくはないけど仕方なく会社組織に所属している・・・これが現実です。

 

  • 自ら望んでいない会社勤め
  • そんな会社はやりがいを提供していない
  • やりがいには必ず苦痛が伴う

そう考えると、会社で働くことにやりがいなんて見いだせないのでは?・・・と思えてきませんか?

 

残念ながらその通りだと、個人的には思っています。

 

企業の利益が前提の会社組織で得られるのは『やりがい』ではなく『苦痛』である場合がほとんどです。

自らの意思とは別に、やりたくないことをやっている仕事に『やりがい』は見出せません。

 

会社組織が与えてくれるのは、『やりがい』の裏側にある『苦痛』だけなのです。

 

やりがいの本質

では、仕事にやりがいを見出すことは無理なのでしょうか?

意外とそうでもありません。

 

苦痛を苦痛と思わなければ良いのです。

 

そう思う為には、会社の意志ではなく、自分の意志で仕事を選ぶ必要があります。

自分がやりたいと思ったことであれば、苦痛を苦痛と思いません。

もし、苦痛に感じても自分のやりたいことをやっていれば、真剣に向き合います。

 

やりがいのある仕事・・・

それは、自分が本当にやりたいことに出会えた時に、初めて得ることができるものなのです。

 

では、やりたいことで収入を得るにはどうしたら良いのでしょうか?

その答えを知りたい方は、コチラをご覧になってみてください。

知りたい

 

 

【追伸】

先日家の前を、食パンを加えジャケットを羽織りながら、猛ダッシュで走り抜けていった人がいました。

きっと遅刻しそうだったんでしょうね。

 

 

あなたの野望を叶える『趣味ざんまいな毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!