なせばなる!上杉鷹山の名言に学ぶアフィリエイトで稼ぐ秘訣

どうもです。

拓です。

 

為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり

(なせばなる なさねばならぬ なにごとも ならぬはひとの なさぬなりけり)

 

歴史に興味が無い方でも、何となく聞き覚えのある言葉ではないでしょうか?

 

江戸時代 260年の中で活躍した全国の藩主たち。

その中でも、最も優れた名君に挙げる人も多い人物の言葉です。

米沢藩9代藩主『上杉鷹山(うえすぎ ようざん)』

 

彼のこの言葉には、アフィリエイトで成功する為の、とっても大切な考えが隠されていました。

 

なせばなる・・・

この言葉に秘められたネットビジネスでの成功の秘訣を紐解いてみようと思います。

 

 

上杉鷹山の名言

では、鷹山が残したこの言葉の意味を直訳してみましょう。

現代風に言い換えると、このようになります。

 

【やろうとすれば何でも出来る。それは出来ないのではなく、やっていないから】

 

実に重く、人間の核心を突いた言葉です。

人はどうしても『出来ない理由』を先に考えてしまうもの。

 

『今日は忙しかったから・・・』

『やりかたが分からなくて・・・』

行動が無い人は、常に出来ない理由を探し続け、 結局何も何もせず、やらなかった言い訳を盾に逃げ続けます。

出来ない理由を探すのは簡単です。

 

でも、本当に大事なことは、どうすれば出来るかを考えること。

その日が忙しかったとしても、 3日後には1時間でもやれる時間はあったかもしれません。

やり方が分からなかったのなら、調べたり誰かに相談したり 出来たはずです。

 

将来の夢がある、今年の目標がある。 でも、出来ない理由を探し続けている以上、 その夢や目標はに辿り着くことは出来ません。

夢や目標は、向こうから近づいて来てはくれないのです。

出来ない理由では無く、どうしたら出来るかを考えること!

 

つまり『行動』こそが最も重要であると、上杉鷹山は言っているのです。

 

 

アフィリエイトでも・・・

ブログやアフィリエイトで成功する為には、 とっても大事な考え方です。

 

記事を書くのって日によっては、結構大変な時もあります。

気分が乗らなくて、どうしてもタイピングが進まなかったり、頭が回らなかったりすることもあります。

 

そんな日は誰にでもあります。

なので、やる気が起こらないことは全然悪いことじゃありません。

 

そんな時は、自分を責めず素直に認めてあげて欲しいと思います。

 

大事なのはその後で、そのままやらなくなってしまったり、いつまでたっても後回しにして、パソコンに向かわないこと。

つまり、いつまでも行動しないことです。

 

何かと記事が書けなかった言い訳を見つけて、いつも後回しにしてしまい、結局できなかった自分を正当化してしまうこと。

 

 

あるいは、今の環境から抜け出したいから思ってはいるけど、具体的な行動を起こさず、やろうかやるまいか考えている状態。

考えることは、確かに重要です。

ですが、残念ながら考えているだけでは、いつまでたっても抜け出せません。

何も始まりません。

 

出来ない理由では無く、どうすればやれるのかを考えて行動に移すこと!

 

これがアフィリエイトで成功する為の、とっても大事な考え方なのです。

というか、アフィリエイトに限ったことではなく、仕事でも何でも全ての事例にあてはまりかもしれませんね。

 

 

最初の1歩が1番大事

アフィリエイトを始めたいけど、成功できるか不安だし自身も無いと感じるかもしれません。

なかなか最初の1歩が踏み出せないかもしれません。

 

その最初の1歩こそ、一番勇気が入ります。

なので、その1歩を踏み出す『行動』が一番大切です。

 

案外、行動してしまえば、あとはトントン拍子に進んでしまったりします。

1回行動してしまえば、あとは行動の繰り返しです。

 

僕も、最初の1歩は勇気が入りました。

でも、会社を辞めたいと強く感じていたことが、行動の大きな原動力になりました。

日々、記事を書くための大きなエネルギーになりました。

 

もし、アフィリエイトで稼げるようになって、いつか会社を辞めたいと考えているのなら、上杉鷹山の言葉が示す通り、行動をして最初の1歩を踏み出し、日々記事を書く原動力にしていって欲しいなと思います。

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!