ブログのタイトルは何文字が最適?その答えが日本の伝統にありました

お疲れ様です。拓です。

 

ブログの記事タイトル、すんなり決められますか?

せっかく記事が書けたのに、タイトルが上手くできずにアクセスが無ければ悲しいですよね。

 

でも大丈夫、記事タイトルの付け方にはちょっとしたコツがあるんです。

 

決められた文字数で想いを表現する記事タイトルは、まさしく和歌の世界なんです。

 

 

SEO的に最適な文字数は?

では、記事タイトルに最適な文字数は何文字でしょうか?

 

一般的にはスマホの場合28文字、PCの場合32文字と言われています。

 

これは検索結果で表示される文字数が、だいたいこのくらいだからなんです。

なので、30文字くらいを目安にしてみると良いです。

 

 

キーワード選定を忘れずに!

では、記事タイトルはどうやって30文字前後に収めれば良いのでしょうか?

 

まず初めに考えたいのは『キーワード』です。

このキーワード選びがメチャクチャ重要です。

 

アクセスがくるかどうかは、キーワードにかかっていると言っても過言ではありません。

 

キーワード選定の記事はコチラです。

PV数アップの具体例付!ブログの記事タイトルのつけ方大公開

2017.09.18

 

その記事を必要としている読者さんは、どんなキーワードで検索するんだろう?

そんな風に考えながら必要なキーワードを盛り込みつつ、いかに30文字前後で収めるのか考えていきましょう。

 

しかし、いざタイトルを付けてみると30文字って物凄く少なく感じます。

30文字で収めるのって、すごく難しいんです。

 

入れたいキーワードがあり過ぎる、もしくはキーワードはあるけど上手く繋げられない・・・

そんな感じで苦戦することもあるかもしれません。

 

でも、そこは言葉遊びです。

 

言葉のパズルを楽しむような感覚で、いろいろ試していく内に少しずつ慣れていきますよ。

 

 

読者さんが『おっ』と思うフレーズを入れる

最後に、文字数の件ではありませんが、記事タイトルを考える上で大切な要素をお伝えします。

 

文字数やキーワードにプラスして、記事タイトルで必要な事は『魅力』です。

魅力的な記事タイトルで、読者を『おっ』と思わせる。

 

思わずクリックしたくなるようなフレーズ、といった感じです。

これをエモーショナルフレーズと言います。

 

そんなフレーズはどうすれば思いつくのか?

それはあなたの素直な感情です。

 

自分が興味をそそられるフレーズはどんな感じかな?

思わずクリックしてしまったフレーズは何かあったかな?

 

そんな風に考えてみると非常に良いです。

過去の自分を振り返って気付いたフレーズを、30文字の中に注入してみましょう。

 

 

記事タイトルと和歌

日本には古来より『和歌』というものがあります。

平安時代の貴族が詠んでるようなイメージですね。

 

和歌とは、自分の素直な感情を30文字に込めるもの

 

和歌とは五七五七七の計31文字で、自分の想いを表現します。

その31文字の中には詠み手の想い、感情が詰め込まれています。

 

31文字に込めた想いを、愛しいあの人に届けたい。

 

昔の貴族たちは、そんな気持ちで和歌を詠んでいました。

 

これは記事タイトルでも全く同じなんです。

 

読者に伝わりやすいタイトルはどんな感じかな?

読者の悩みを凝縮したタイトルはどんな感じかな?

 

そんな感じで読者を想う記事タイトルにしてあげることで、たくさんの検索結果の中でも目を惹くタイトルになるのです。

 

 

限られた文字数で表現する

という事で、以上が記事タイトルの最適な文字数と、想いを伝えるということでした。

 

とは言え、30文字で複数のキーワードを盛り込むのは結構大変です。

この辺は言葉遊びの感覚で、徐々に慣れていくことが必要なのかなって思います。

 

  1. 適切な文字数は約30文字前後
  2. キーワードを必ず入れる
  3. 思わずクリックしたくなるような、読者を想うタイトルにする

 

この3つを意識して記事タイトルをつけて行くと、SEO的にも読者的にもとっても良いタイトルになっていきますよ。

 

なお、この中でもキーワードはものすごーーーく大切な要素なので別記事にしています。

PV数アップの具体例付!ブログの記事タイトルのつけ方大公開

2017.09.18

 

キーワードはいつも意識していきたい要素ですね!

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!