会社が嫌になり30代で仕事を辞めた正直な感想と退職後の今の生活

どうもです。

拓です。

 

僕は30代で会社を退職しました。

理由は、毎日の会社勤めに何の価値も感じず、このまま働いていても将来に何の楽しみも見いだせなかったから。

それに、残業が多く自分の時間が確保できない、そもそも人間関係など会社自体に嫌気がさしていたことも原因です。

 

30歳になったあたりから退職を意識し始め、30代半ばで退職する為の準備を始め、それから約1年3ケ月後に退職したことになります。

 

世間的には、30代半ばから後半あたりでの退職なんて、バカげてるというのが常識だと思います。

会社自体が倒産しそうだった訳でもないし、極端に給料が少ないわけでもありませんでした。

多分、僕のとった行動は、多くの人には理解されづらいものであると理解しています。

 

ですが、僕と同じように30代で退職を考えている方は多いのではないでしょうか?

そこで、退職して数か月たった今の率直な感想を、綴ってみたいと思います。

 

 

生活が会社ベースでなくなりました

会社で働いていると、生活のリズムがどうしても仕事中心になってしまいます。

 

会社が決めた日が休日ですし、会社に拘束されている時間は基本的に働けなければいけません。

寝坊しないように、ある程度の時間には寝るようにして、仕事の始業に間に合うように起床しなければなりません。

 

あくまで会社が生活の軸であって、基本的に個の予定は、仕事が無い日に設定したりしなければなりません。

会社員である以上、これは避けられません。

僕も、当然そうでした。

 

ところが、会社を辞めて、個人で仕事をするようになってから全ての予定を自分のリズムで考えられるようになりました。

昼間に友人と会う約束があれば、仕事は夜行います。

これが、会社だったら、仕事が昼間なら、友人とは夜に会わなければなりません。

 

どんな予定を立てるにしても、まず会社ありきの会社員とは明らかに違います。

 

自分の場合、会社員時代からそうでしたが、昼食を食べた後に著しく集中力を欠きます。

異様に眠たくなります。

そして、それは会社を辞めた今も変わっていません。

 

なので、その時間帯には、パソコンに向かわないようにしています。

昼食後は、買い物に行ったり散歩したり、あるいは昼寝したり、ボケーっとゲームしたりして、仕事はしないようにしています。

逆に、午前中と夕方以降くらいにパソコンに向かうようにしています。

 

会社だと、自分の調子の良し悪しに限らず、労働時間は決められています。

問答無用で働かなければなりません。

 

一人の場合、夜に見たいテレビがあれば、その分を昼間に済ましておくことも可能です。

しかし、会社で残業を強いられれば、それも叶いません。

 

でも、会社という『組織』に依存しない働き方は、好きな時間に起きて、好きな時間に働いて、好きな時間に寝ることが可能です。

 

会社に依存しないと、生活のリズムを自在に操ることができるので、その点はものすごく悠々自適で素晴らしいことだなと感じています。

 

 

 

ダラけそうだけどそうでもない

しかしながら、生活が会社ベースでない以上、ある程度自分で管理しなければならないというリスクはあります。

基本的に、怠けても自己責任なので、怠けようと思えば、ずっと怠けることが可能です。

 

この変は自分に注意喚起しながらやっていく必要があるかなと思います。

 

また、時間が自由になるので生活のリズムが滅茶苦茶になる可能性があります。

独り身であればそれほど問題ないかもしれませんが、家族のある方は注意が必要かなと思います。

 

しかしながら、僕の場合は、会社員時代より早く起きるようになり、寝る時間も安定するようになりました。

 

会社員時代は、どうしても会社に行くのが嫌で、朝が憂鬱に感じギリギリまで布団にくるまっていることが多かったです。

また、残業が多く趣味に時間が取れないことも珍しくなかった為、遅く帰宅した後に遅くまで趣味に没頭してしまうこともありました。

 

ところが、会社を辞めてからは、朝が憂鬱では無くなり、逆に早く目覚めるようになりました。

休日に思わず早く目が覚めてしまう感覚に似ています。

 

そして、時間も全て自分裁量なので、趣味に費やしたい時は思いっきり趣味費やしています。

その分、仕事をする時は集中して取り組むことが出来るようになりました。

 

生活リズムが乱れるどころか、逆に規則正しくなったのが実際のところです。

運動不足も懸念していましたが、時間が自由なので逆にウィーキングや筋トレなどに仕える時間が増えています。

 

意識していないと怠けるので、自分を管理する必要はありますが、全ての面において会社員時代より有意義な生活を送ることが出来るようになっています。

 

 

金銭面の管理は大変かも

逆に大きなリスクは、やはり税金などの管理でしょうか。

これまで会社が払っていた分も、全て自分で負担しなければならないのは、やっぱりプレッシャーになります。

退職する前から分かってはいたことですが、いざ支払ってみると結構な金額を持っていかれます。

 

そして、極端な言い方ですが、会社員だと会社に行っていれば何もしなくたって給料が支払われるシステムですが、会社を辞めると自分で動かないことには収入がありません。

会社の給料と違い、安定した金額が毎月もらえる訳ではないので、収入と支出はしっかり意識していかないといけません。

 

数字が苦手な僕にとっては、ここが一番辛いところかなと感じています。

 

 

面倒な人間関係から解放されました

会社で働いていると、絶対避けては通れない人間関係の悩み。

どんなに考えの違う上司であろうと、嫌味を言ってくるお局であろうと、同じ組織で働いている以上、毎日顔を合わせなければなりませんし、避けて働くことはできません。

 

人間関係も仕事の内、ということを言われたことがありますが、退職してそれは違うことが分かりました。

正確には、『会社に依存する以上、人間関係も仕事の内』でした。

 

仕事へのスタンスや考え方も違い、やりたくもないことをやっている集団が会社組織です。

全ての会社組織がそうではないかもしれませんが、よほど立派な指導者でもいない限り、多くの場合は当てはまると思います。

そんな環境で働いていたら、人間関係なんてこじれて当たり前です。

 

 

また、嫌味を言うのが得意技なお客さん、怒鳴るのが趣味なお客さんなど、『お客様は神様』であると勘違いしたクライアントにもペコペコしなければ行けないのが会社ですが、個人でやっている場合、ある程度お客さんを選べます。

 

会社にもよると思いますが、仕事は何でも受けますというスタンスは逆に会社をダメにします。

仕事の質や、品位を落とすだけです。

 

自分と考えが合い、お互いが気持ちよくやりとりできる姿こそ、真のビジネスです。

ビジネスには、どちらが上位で、どちらが下位などありません。

 

お互い対等な立場で、買い手側は売り手を選び、売り手側も買い手を選ぶ。

これが、お互い気持ちよくやりとりできる本当のビジネスのあり方です。

 

退職して一人で働くとは言え、人間関係が0なわけではありません。

ですが、会社に依存しない働き方は、付き合う人を選べるので、こういった社内での面倒な人間関係、そして社外での面倒な人間関係にも悩まなくなります。

 

会社だと人間関係は選べないので、退職すると人間関係のストレスから一気に解放されて、ストレスフリーで生活できるようになります。

 

 

思い付きでいきなり退職はオススメしません

今すぐにでも会社を辞めたいと考えている人も、決して少なくないと思います。

 

ですが、思い付きでいきなり辞めてしまうことは、あまりお勧めしません。

目標があって、会社員の内にある程度準備しておく、そしてタイミングを見て退職する方が望ましいです。

 

もし、会社組織に嫌気がさして、一人で食べて行けるようになりたいと考えているのなら、今から準備を始めることをオススメします。

 

早く準備を始めれば、その分早く会社を辞めることができます。

会社を辞めたいと漠然と思っていても、実際何も行動できない人がほとんどです。

なので、行動を起こしただけで、退職への道がグッと近づいたも同然です。

 

僕がそうだったように、会社が嫌で嫌で仕方ないのに、無理して続けていると、やがて心が潰れます。

もし、会社を辞めて一人で働きたいとお考えの場合は、そうなる前に準備を進めてほしいと思います。

 

ですが、すでに心が悲鳴を上げ始めている場合は、すぐに辞めて良いと思います。

会社で働くのは、あくまで生活の為であって、その生活を壊されては元も子もありません。

 

人の心を蝕む会社に貢献する必要などありません。

そんな会社は無くなってもらった方が、日本の将来のためです。

なので、もう限界な場合は、すぐに見限って欲しいです。

 

転職を考えると年齢の壁が、立ち塞がります。

ですが、一人で働くネットビジネスの世界に年齢なんて関係ありません。

20代でも30代でも40代でも50代でも、もっと上でも、年齢なんて気にせず挑戦できるのがインターネットの世界です。

 

年齢が引っ掛かって転職が不安であれば、30代で退職した僕のように、一人で働く仕事を模索するのも全然OKだと思います。

むしろ、また会社に蝕まれる生活に戻るのなら、一人でやっていく道を選んだ方が良いくらいです。

 

会社を辞めて数か月。

年齢に関係なく、会社を飛び出す人生も、案外悪くないと感じる今日この頃です。

 

 

まとめ

以上、30代で会社を辞めた正直な感想でした。

 

実際のところ、大変な部分もあるけど、それを生まわる利点の方が大きいと感じています。

 

収入面の不安などあると思いますので、まずは会社で働きながらしっかり準備をしてくこと!

これが大事かなと思います。

 

もし、一人で働く世界に興味のある方は、コチラもご覧になってみてください。

仕事が嫌で会社に行きたくない人の為の理想の働き方のご提案

2018.04.05

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!

0から始めるオススメ教材

24時間 趣味三昧な生活を実現する