仕事を辞めたい時の相談相手は上司や親よりも価値観の合う人!

どうもです。

拓です。

 

会社を辞めたい・・

今の環境から抜け出したい・・・

 

そう思った時に、あなたは誰に相談しますか?

 

両親、友達、恋人、上司、同僚・・・

様々な選択肢があると思います。

 

ところが、これらの選択肢、ある意味正解ですがある意味間違いなんです。

 

会社を辞めたい時に相談する相手。

それは、どんな関係の人かではなく、どれだけ価値観の合う人であるかが重要だからなんです!

 

 

相談して返ってくる返答

例えば、友人であったり恋人、あるいは会社の同僚に相談すると、どのような答えが返ってくるでしょうか?

 

友人、恋人、同僚といった比較的親しい関係の人に相談した場合、多くの場合、慰め合いに発展します。

 

友人や同僚の場合、『俺もそうなんだよ~』とか『あの上司最悪だよね』といったように、愚痴の言い合いで終わってしまうケースが多いです。

恋人の場合は『頑張ろうよ!』といったような励ましの言葉をもらえる程度です。

 

ガス抜き目的であれば、それでも問題ないのですが、『会社を辞めたい』『転職が不安だ』といったような相談の場合、愚痴の言い合いでは会社を辞める未来を想像することが出来ません。

 

では、親や上司の場合はどうでしょうか?

親や上司などの目上の人からの回答は、お決まりのパターンです。

 

『考えが甘い』

『もっと頑張ってみろ』

『俺たちの若い頃は・・・』

 

僕は、考え抜いたすえに、会社を辞めたいと考えている人にとって、これらの回答はとても残念な助言だなと思っています。

会社を辞めたいことを相談してるのに、続けることを前提に過去の成功体験を話されても、まったく価値のないことだと思っています。

 

会社を辞めたい!

それを相談しているのだから、辞めることを前提にどうしていくか?

それを考えることが、重要なんだろうなと僕は思っています。

 

 

価値観の合う人に相談することが大事

では、どんな人に相談すれば良いのでしょうか?

 

それは『価値観の合う人』です。

 

どんな関係の人に相談するかは、実はあんまり重要じゃないんです。

 

極端な話、価値観の合う人ならば、どんな間柄の人でも大丈夫です。

 

今あなたが置かれている状況の中で、会社を辞めたいと言っているのに『考えが甘い』という人は、元々価値観が合っていません。

今あなたが置かれている状況、その中で考え抜いた決断に共感出来ない時点で、相談相手として不適切です。

 

価値観が違う人から助言を受けても、あんまり心に響かないですし、受け入れるのも抵抗があるはずです。

 

ですが、価値観が合う人からの助言には共感できるはずです。

共感できれば、その意見はあなたの未来の選択肢に成り得るはずです。

 

だからこそ価値観の合う人に相談することが大事なんです。

価値観が合う人から頂く助言こそ、あなたの進む未来を示してくれるんです。

 

 

向かいたい方向にいる成功者に相談する

さらに、相談相手が価値観の合う『あなたが向かいたい方向の成功者』であれば、さらに良いです。

 

その道の成功者であれば、あなたをさらに理想の未来へ導いてくれます。

 

会社だと、この上司、自分に合わないな・・・って感じる人がいると思います。

さらに、会社を辞めたいのであれば、その会社にあなたが想う理想の将来像は無いはずです。

 

だからこそ、合わない上司からの助言は、あなたの価値観に合いません。

 

だからこそ、価値観の合う、向かいたい方向の成功者に相談することが重要なんです。

 

そんな相談相手が見つけられた時、あなたが本当に進むべき方向が必ず見えてきますよ。

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!

0から始めるオススメ教材

24時間 趣味三昧な生活を実現する