島津義弘に学ぶ覚悟の決め方!関ヶ原の敵中突破が語る腹をくくる方法

お疲れ様です。拓です。

 

ネットビジネスの世界で稼げるようになろう!

思い切って何か行動を起こしてみよう!

 

そう思っても、いまひとつ覚悟が決まらない・・・

 

そんなことありませんか?

 

でも、やるからには覚悟を決めるってとっても重要!

覚悟が決まらなくて行動に移せないのは、物凄くもったいないです!

 

今回は、ネットビジネスを始めるにあたり、あと少し勇気が欲しいあなたに、島津義弘の覚悟をお届けしたいと思います。

 

 

環境を作って覚悟を決める

では早速。

島津義弘はどのように覚悟を決めたのか?

 

それは『置かれた環境がそうさせた』という事です。

 

分かりやすく言うと、覚悟を決めるしかなかったんです。

 

現状を打破する為に覚悟を決めて行動に移した島津義弘。

 

そんな彼が見せた覚悟は『島津の退き口』と呼ばれ、後世に語り継がれているんです。

 

 

関ケ原の戦い

1600年9月15日 関ヶ原の戦い。

 

徳川家康率いる東軍と、石田三成率いる西軍が激突した天下分け目の戦いです。

島津義弘は、この戦いに約1500人の兵を率いて参戦しています。

 

この戦いの勝者は徳川家康の東軍、敗者は石田三成の西軍。

 

では、島津義弘はどちらに属していたのかと言うと、敗北した西軍。

 

敗走し散り散りになった西軍ですが、島津軍1500人は戦場のど真ん中に取り残され、東軍数万に囲まれてしまいます。

 

1500人の島津軍、それを取り囲む東軍数万。

 

島津軍など一瞬で塵にされるレベルです。

 

そんな状況の中で、島津義弘一世一代の覚悟が炸裂するのです。

 

 

島津の退き口!敵中突破!!

この時の島津軍・・・黙っていても全滅は免れません。

逃げようにも数万の軍勢に囲まれています。

 

ハッキリ言って逃げられません。

 

しかし、島津軍はこの状況を脱することに成功するのです。

 

一体、島津軍はどのような方法で、この絶望的な状況を脱したのか?

 

それは、東軍本陣に突っ込む驚異の突撃戦法。

普通、退却とは敵とは逆の方法に進むものです。

つまり後退です。

 

しかし島津軍は家康の本陣めがけて、まさかの前進退却を慣行したのです。

 

もはや、どうあがいても逃げられない状況・・・

だからと言って、このまま黙って全滅する訳にもいかない・・・

じゃあ、どうするのか?

 

その答えが前進退却。

どうせ逃げられないのなら、あわよくば東軍に一矢報いてやろう!

数万の軍勢が取り囲むど真ん中を突き抜けて、この状況を打破しようとしたのです。

 

これが島津義弘が置かれた状況、そして『覚悟』です。

 

もはや後の無い、覚悟を決めた敵中突破は多くの犠牲を払いました。

しかし、家康の本陣目前まで迫り、その横を見事に突きぬけ、関ヶ原の戦場を脱します。

 

覚悟を決めた島津軍の決死の敵中突破が、無謀な退却を成功させたのです。

 

 

状況が覚悟を導く

これが島津義弘の見せた覚悟です。

 

どう考えても逃げられない状況に追い込まれたからこそ腹を括り、その覚悟は退却成功と言う奇跡を生みました。

 

この覚悟から学ぶこと。

それは、やると決めたら自分をその環境に置いてしまうということ。

 

僕の場合、千聖さんのサポートや、竹川さんのコンサルも覚悟の結果決断しました。

それなりの額も投資しています。

純粋にネットビジネスを学びたかったという理由もありますが、やると決めたからには、ネットビジネスを学ぶ環境に身を置くようにしたのも事実です。

 

そしてもうひとつ。

僕は会社を辞めるつもりでいます。

でも、あえて辞めていません。

 

辞めたい会社にいることで、そこから抜け出したいという欲求を逆利用して、ブログのエネルギーにしています。

目標を設定してあって、そこに到達したら辞めるつもりでいます。

 

逆転の発想ではありますが、これもネットビジネスをやると決めたからこそ、今はあえて会社という環境に身を置いているんです。

 

とは言え、心が完全にネットビジネスに移行しているので、何かの拍子に辞めてしまうかもしれませんが・・・

 

でも、それはそれで職を失う訳で、ある意味やるしかない環境になるのかなって思ってます。

 

偉そうに言ってますが、僕もさほど肝が据わっている方ではありません。

だからこそ、やるしかない環境に飛び込んだんです。

 

どうしても、あと一歩が踏み出せない・・覚悟が決まらない・・・

そんな時は、島津義弘のように、やるしかない環境に身を置いてしまう。

 

それが、覚悟を決める一番手っ取り早い方法なんじゃないかなって思っています。

 

 

覚悟を決めてみましょう

誰でも経験したことない世界に飛び込むのは勇気が入ります。

僕も最初は右も左も分かりませんでした。

 

でも、会社を辞めたい、今の環境を変えたいっていう状況が、ブログを始めるキッカケになりました。

 

最初に竹川さんにお会いしたセミナーだって、自分では相当な覚悟で臨んだつもりです。

この機会を逃したら、もう2度とチャンスはないかもしれない・・・そう自分に言い聞かせセミナーに参加しました。

 

実際の所、僕は相当な人見知りです。

コンサルに参加して数か月たちますが、いまだに緊張しています。

たまに妙な発言をして、ものの見事にツッコまれたりしています。

 

でも、そんな僕でも覚悟を決めてコンサルを受けています。

 

毎月2~3時間かけて東京のコンサル会場まで通っています。

 

だって会社辞めたいし、覚悟を決めて竹川さんのコンサルを受けるって決意したから!

 

覚悟を決めること・・・それはゴールに向かうための行動には、絶対必要なことなんじゃないかな?

そんな風に思っています。

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!