ブログ記事修正のコツ!リライトでアフィリエイトの成約率アップ

どうもです。

拓です。

 

ずっと前に書いた過去の記事。

ちょっと振り返ってみてください。

 

過去に自分が書いた記事を修正することとを『リライト』と言います。

リライトすることで、過去の記事をパワーアップさせ、よりアクセスを集めたり、アフィリエイトの成約率を上げることが出来ます。

 

あなたの過去記事を見直して、修正してみませんか?

 

リライトの方法

では、リライトはどのように行えば良いのでしょうか?

まずは、リライトしたいあなたの過去記事を見返してみましょう。

 

その記事を読み返してみてください。

なんとなく違和感があったり、文章や内容に拙さを感じると思います。

 

その違和感は、その記事を書いた頃より、あなたのライティング力が大きく向上したことを意味しています。

 

日々、コツコツと記事を書いて頑張って来た、あなたの努力と成長の証です。

 

今現在のあなたの目から見て、違和感を感じた部分、拙さを感じた部分。

そこを修正していけばOKです。

 

リライトのコツ

ある程度の記事を書いてきた中で、アクセスが多い記事、少ない記事がハッキリと数字に表れていませんか?

あるいはアフィリエイトであれば、成約率が高い内容、低い内容など、ある程度のデータが蓄積されているはずです。

 

その経験とデータを元に、結果を出している記事の良い部分を深堀していって、リライトしたい記事に反映していきましょう。

 

  • キーワード選定がうまくいっているのかな?
  • 内部リンクの誘導がうまくいっているのかな?
  • 記事内容が共感を生んでいるのかな?

 

こういった部分を、自分なりに分析し、リライトしたい過去記事に活かしていくことが大切です。

そうすることで、過去記事がパワーアップして、きちんと仕事をしてくれる記事に変貌してくれます。

 

リライトの注意点

最後にリライトの注意点をお伝えします。

 

あくまで基本的にはですが、リライトする記事は、満足いくアクセスが無い記事、成約率が低い記事です。

 

元々アクセスが多い記事、成約率が高い記事をリライトして、さらに強化することも効果的ではありますが、修正してしまったことで成約率が下がるなど、逆効果になってしまうパターンも考えられます。

 

この辺のさじ加減は、自分で満足いく結果を出しているかどうかで判断すると良いかなと思います。

満足のいく十分な数字をあげている記事であれば、あえてリライトをする必要は無いかもしれません。

 

元々、数字の出ていない記事を修正する分には失うものはありませんが、一定の数字を挙げている記事を修正してしまうと失う部分があるかもしれないということは理解しつつ、リライトすると良いです。

 

とは言え、リライトして成約率などが下がってしまった場合は、元に戻せば良いだけです。

なので、ある程度数字を出している記事をリライトする場合は、その記事をコピーするなどして保存しておくと良いかもしれませんね。

 

過去記事を見ていると・・・

リライトの為、過去記事を見ていると『なんでこんなことが書いてあるんだろう・・』とか『よくこんな記事を公開していたな・・・』というような感じで、なんだか恥ずかしくなってくることがあります。

 

でも、その恥ずかしさは、自分自身の成長の証です。

 

過去記事を見て恥ずかしく思うこと、なんじゃこりゃと感じる気持ちは、数字には表れない大きな成果です。

 

恥ずかしく思うことは、褒めて良いことです。

恥ずかしく感じた記事を、成長したあなたの文章力で、より成果が出せる素敵な記事にリライトしていきましょう。

 

 

まとめ

以上、リライトのコツでした。

 

過去記事を見直して、成長したあなたのライティング力、蓄積されたデータを元に、よりパワーアップした記事にしていく!

でも、すでに数字を出している記事をリライトする場合は注意が必要!

 

ぜひ過去記事を見直して、より読者さんの共感を呼ぶ素敵なブログを目指していきましょう!!

 

アフィリエイトの成約率をさらにアップさせたい方はコチラをご覧ください。

会社に行かず在宅で稼ぐ方法!アフィリエイトで稼ぐコツ

2018.06.21

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!