PVを安定させるブログ記事の書き方!流行関係なくアクセスを増やす

どうもです。

拓です。

 

流行に左右されず、ブログのPV数が安定する記事とはどんなものかご存じですか?

 

記事書きの基本は・・・

  • 『読者さんの悩みに答えること』
  • 『読者さんの知りたい情報を伝えること』です。

 

つまり、自分視点ではなく、読者視点で記事を書くということですね。

しかし、読者視点で書くというのが、最も難しい部分であることも事実です。

そこで今回はあえて、自分視点で記事ネタを考える、というところに着目して、記事を書くコツをお伝えしていきたいと思います。

 

過去の自分に目を向ける

自分視点で記事を書こうとするとどうしても自己満足な記事になってしまいがちです。

なので、ただ単に自分が書きたいことを書けば良いというわかではないのです。

そこで意識したいのが昔の自分、つまり過去のあなた自身なのです。

 

どんなジャンルのブログであっても、そのジャンルに興味を持ったばかりの頃のあなた自身。

その時代にタイムスリップしてみてください。

 

自身がそのジャンルに興味を持ったばかりのころ、あなたはどんなことに疑問を持ち、どんなことを知りたいと思っていましたか?

 

その疑問を解決するために、こんな本が役に立った・・・

あるいは、こんなサイトがあったら便利なのにと思っていた・・・

 

そんな初心者だった頃の、自分自身のお悩みを解決してあげる。

その為の記事を書くのです。

 

どのようなジャンルであっても、初心者の頃は同じような悩みを抱えるものです。

つまり、昔の自分の悩みに答えることで、結果的に、今の読者さんの悩みにフォーカスすることができるのです。

 

経験談と実例

実は、僕の歴史ブログでも、その時の流行や社会の流れなど、その時期によってアクセスが増える記事がありますが、それらは一過性のもので流行が終われば、アクセスはほとんど無くなります。

そういった世間の流行りに左右されず、安定してアクセスを集めているのは、昔の僕が『こんなのあったら嬉しいな』を具現化した記事たちなのです。

 

さらに言うと、流行りのネタでも瞬間的にアクセスが爆発したのは、僕自身が20歳くらいの時に『こんなのあったら嬉しいな』『ここがよく分からないな』と感じていたことを、そのまま書いた記事なのです。

 

ともかくも、あなた自身の『こんなのあったら嬉しいな』を、ちょっとした工夫をすることで、PVが安定する記事にすることが出来るのです。

そして、瞬間的なアクセス増となる可能性も秘めているのです。

 

あなた自身の過去を紐解き、『こんなのあったら嬉しいな!』と、かつて感じていたこと。

ぜひその回答を、今現在同じ悩みを抱えている初心者さんに届けてあげてください。

それが読者さん視点で記事を書くひとつの方法でもあるのです。

 

ただ、単に昔の自分を、振り返って書けばいいと言うわけではなく、ちょっとした仕掛けが必要ではあります。

↓そういった仕掛けの部分は下記で配信しています。↓

安定してアクセスを稼ぐ記事を書くコツを、さらに深堀!