お客様は神様は勘違い!お互いが幸せになる本当のマーケティングとは

どうもです。

拓です。

 

あなたは『マーティング』という言葉をご存知ですか?

会社勤めをしていると、たびたび耳にする言葉かもしれません。

 

試しにウィキペディアで調べてみました。

企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。

また顧客のニーズを解明し顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

???

 

残念ながら、よく意味が分かりません。

難しすぎです・・・。

 

なので、簡単に言います。

 

マーケティングとは【お客さんとの糸を赤く染めること】です。

つまり、お客さんとの信頼関係を築くこと。

 

今回は、マーケティングの根幹に対する考え方をお伝えしたいと思います。

 

 

お客様は神様?

おもてなしの心を持って、相性の合うお客さんに寄り添い、良好な関係を築き上げていく。

これが『マーケティング』です。

 

ですが、ここで注意点があります。

 

それは、全てのお客さんと信頼関係を築く必要は無いということ。

あくまでも、あなたと相性の合うお客さんが対象です。

 

世の中には『お客様は神様』だと、大きな勘違いをしている方がいます。

理不尽な言いがかりをつける、いわゆるクレーマーの方もいらっしゃいます。

 

しかし、残念ながらお客様は神様ではありません。

と言うか、神様であるかどうかは、お客さんが決めることではありません。

 

お客様は神様だと思っている方と、良好な関係が築ける人にとっては良いですが、多くの人がそうではないと思います。

 

良好な関係が築けない人は、あなたのブログのお客さん、読者さんではありません。

相性の合わない人と真摯に向き合っても、信頼関係は築けません。

 

お互いを結ぶ糸が赤くなることは、決してありません。

 

 

相性の合う人との関係を深める

では、どのような人となら信頼関係を深めて行けるのでしょうか?

 

それは、あなたにとって、相性の合う素敵な人。

それが、あなたのお客さんです。

 

お客さん全てに同じように愛想を振りまき理不尽なクレーマーにも、おもてなしの心で接するのは難しいと思います。

その時間を、あなたにとって相性の合う素敵なお客さんに注いであげてください。

それが、お客さんとの糸を赤く染めるということです。

 

それが『マーケティング』です。

 

ブログであれば、書き手と読み手。

アフィリエイトであれば、売り手と買い手。

その双方が幸せになれること。

 

きっと、多くの人がそんな関係を望んでいるはずです。

 

相性の合わない人と、お客様は神様だと勘違いしているクレーマーと幸せな関係を築きたいとは想っていないはずです。

 

相性の合う素敵なお客さんと出会う為に。

お互いが幸せになれるお客さんとの信頼関係を築くために。

 

あなたも、そんな想いでブログを書き、商品を紹介していって欲しいと想っています。

 

たくさんの人が人間関係で悩んでいます。

だからこそ、相手を選ぶ必要があります。

明確な線引きをする必要があります。

あなたも素敵なお客さんに出会うため、日々、ブログを書いて行ってほしいなと想います。

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!