【日記】小さな幸せを感じる瞬間・・そんな瞬間を大事に生きて行く

こんばんは

拓です。

 

あなたは、小さな幸せを感じる瞬間ってありますか?

 

好きな物を腹いっぱい食べた時・・

眠い時に布団の上で大の字になった時・・

クリアしたゲームのやり込み要素を徹底的に遊び尽くした時・・

 

きっと人それぞれ、幸せな瞬間があるんだろうなぁって思います。

そんな瞬間をぜひ大事にしてもらいたいなぁって思います。

 

 

この記事を書いているのは8月31日の夜。

解放感溢れる夏が終わりを告げ、秋の足音が少しずつ聞こえ始める、そんな時期。

 

外では、秋の虫たちが『コロコロコロ』『ジジジ・・ジジジ』と心地よい音色を奏でています。

 

そんな心地よさと同時に感じる、ちょっと切ない夏の終わり・・。

耳に優しい虫の合唱を聞きながら、気軽な気持ちで楽しむ読書・・

 

これが、僕にとっての小さな幸せの瞬間です。

 

読書の秋とはよく言いますが、あながち間違ってない!

 

雨の日の読書も好きですが、やっぱり秋の夜長ほど読書に適した季節はないなぁって思います。

 

 

日入り果てて、風の音、虫の音など、はた、言ふべきにあらず

 

僕の好きな枕草子、その作者 清少納言が感じた秋の一節です。

現代風に言い換えるとこんな感じです。

 

日が沈み聞こえてくる風の音や虫の鳴き声は、言うまでもなく風情があります・・

 

今日は部屋を吹き抜ける風が少し肌寒い。

外からは、相も変わらず虫の音色が聞こえてきます。

 

清少納言が感じた秋の風情は、きっとこんな感じだったのかな・・・?

 

そんなことを考えながら、これから源氏物語の続きを読みたいと思います。

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!