世界最古の国『日本』に学ぶトレンドに流されないブログの書き方

こんばんは

拓です。

 

いきなりですが、僕たちの暮らすこの日本が世界で一番古い国だって知ってましたか?

 

ピラミッドで有名なエジプト文明や、4000年の歴史を称する中国もあったりしますが、それでも日本は最古の国なのです。

 

確かに日本より古くから存在した国はあります。

しかし、その国たちは全て滅びており、現存はしていません。

 

中国、つまり中華人民共和国は約70年前に毛沢東によって建国されたとても新しい国です。

 

現存している国の中では、日本が世界最古なのです。

 

そんな『現存する世界最古の国 日本』から見えてくるブログ術をお伝えいたします。

 

 

世界最古の日本

では、日本はどのくらい古い国なのでしょうか?

 

諸説ありますが、最も古くて2600年です。

初代の天皇『神武天皇(じんむてんのう)』の即位をもって日本の建国とするのがこの説です。

 

しかし、神武天皇の即位は伝説めいた部分もあり、意見の分かれるところです。

 

なので、明確な根拠を示すとなると、大和王権の成立をもって建国とするのが妥当かもしれません。

 

そうすると、だいたい1500~2000年くらいです。

 

学説が分かれるところなので名言は避けますが、おおよそ1500年~2000年だと思っていただいて問題ありません。

 

ちなみに2位の国はどこかと言うと、デンマークです。

これも諸説ありますが、デンマークはおよそ1000年ちょいです。

 

2600年でも1500年でも、日本が最古であることは変わらないんですね。

 

 

世界最古が詰まった日本

このように、日本は現存する世界最古の国なのですが、実はそれだけではありません。

 

日本には世界最古がたくさん詰まっているのです。

 

まずは世界最古の企業・・・実は日本にあります。

創業はなんと西暦578年です。

聖徳太子が生きていた時代です!

 

さらに付け加えますと、創業が古い企業の上位はほとんどが日本の企業です。

 

まだまだあります。

 

世界最古の木造建築・・・これも日本にあります。

世界遺産『法隆寺』です。

 

さらに世界最古の土器はどこから出土しているのか?

意外なことに、これも日本なんです。

青森県の三内丸山遺跡から出土しています。

 

とにかく世界最古がたくさん詰まった国、それが日本という国なのです。

 

 

トレンドブログと織田信長

世の中には『トレンドブログ』というものがあります。

 

流行の話題をいち早くキャッチし、記事を書き続けるのがこのトレンドブログです。

 

トレンドブログは流行の話題や芸能ネタを記事にしているので、瞬間的な爆発力を持っています。

しかし、流行は必ず廃れる時がきます。

 

つまり、旬が過ぎればアクセスは一気に無くなります。

 

常に流行を追い続け、興味のないことでも書き続けていかなければならない・・・

それがトレンドブログです。

 

歴史で例えると織田信長がトレンドブログに近いと思います。

一時は凄まじい勢いで頂点に上り詰めましたが、本能寺の変により、その栄光は一瞬で崩れ去りました。

 

信長のような一発屋、流行が終わればアクセスが無くなるトレンドブログ。

そうならない為のヒントが、たくさんの世界最古を維持し続ける日本にあるのではないでしょうか。

 

 

世界最古が語るブログ術

では、世界最古の国 日本から見えてくるトレンドで終わらないブログのヒント・・・

 

その一例を挙げて見ます。

 

仏教や黒船などの異文化を受け入れる日本人の感性。

聖徳太子が唱えた憲法十七条の精神。

千年の時を超え、現代まで読み継がれる源氏物語と枕草子。

常にNo.2であり続けた藤原氏の摂関政治と北条氏の執権政治。

領土欲を捨てた毛利元就の深謀遠慮。

信長、秀吉に比べ地味な徳川家康の江戸幕府。

そして、世界最古の企業『金剛組』の企業理念。

 

この辺もそれぞれ記事にしていこうと思っています。

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!