心配ご無用!ネタ切れにならずブログを100記事書く方法

どうもです。

拓です。

 

ブログを書いていると、いつかはぶつかるであろうお悩み。

『ネタ切れで記事が書けない・・・』

 

ブログは100記事書いてからがスタートでもあるので、ネタ切れで記事が書けなくなってしまうのは死活問題。

今回は、記事のネタ切れを起こさないための方法をお伝えしてみようと思います。

 

 

ネタ集めをして記事を書く

実際のところ、どんなジャンル、テーマでブログを書いていても、ネタに困ることってあると思います。

自分の趣味を記事にしている『趣味ブログ』の場合でも、読者さんの需要に合った記事を書いていこうとすると、自分の持っている知識や経験だけでは、賄いきれないこともあります。

 

自分の知識や経験が、読者さんの需要と合致していれば良いのですが、必ずしもそうはいかないもの。

今ある知識や経験だけで記事を書き続けて行こうとすると、どうしても読者さんが望んでいない、あるいは需要の無い、自己満足な記事になってしまいがちです。

 

実は、ここが大事なところで、常に読者さんのが欲している情報は何なんだろう?を意識しておくことが大切です。

その需要を理解するために必要な要素が『キーワード選定』です。

キーワードに関する記事はコチラ

PV数アップのコツ!ブログの記事タイトルのつけ方の例を公開

2017.09.18

 

どんなジャンルであっても需要を意識して、自分の知識や経験だけでは賄い切れない場合には、新たに学び経験していくことが、とてもとても重要です。

 

 

インプットとアウトプット

ブログを継続して書いて行くためには、学ぶ姿勢って物凄く大切です。

100記事書くまでも大切ですし、もちろん100記事以降も大切です。

 

新たな記事のネタを仕入れる、そしてそのネタを記事にしていく。

ブログの継続とは、常にこの繰り返しです。

 

ブログに場合、記事のネタを仕入れることが『インプット』

記事を書いて行くことが『アウトプット』になります。

 

よくあるのが、インプットしただけで満足してしまうケースです。

本を読んだりした後も、読んで賢くなった気がしてしまう・・。

 

でもインプットしただけでは、その知識は自分の身についていません。

実際にインプットしたことを、記事にしてアウトプットしてみると、案外うまく書けないものです。

 

うまくアウトプット出来ないという事は、その知識や情報が自分のものになっていないからなんです。

だからこそ、アウトプットする必要があります。

 

うまく書けないながらも、試行錯誤してなんとか記事を書き上げてみる。

そうすることで、得た知識が自分の中で整理されて、初めて身に付きます。

そうすることで、アウトプットするスキルも上がっていき、ネタ切れにならなくなってきます。

 

常に新たに学び(インプット)、行動し実践(アウトプット)することで初めて自分の肥やしとなるのです。

 

 

まとめ

記事のネタ切れを起こさないために必要なこと。

 

  • 読者さんの知りたいことを把握する
  • 常に学んでいく(インプット)
  • 学んだことを、どんどん記事にする(アウトプット)

 

この3つが、とっても大切です。

 

ぜひぜひ、100記事目指して日々学びつつ記事をかいていって欲しいなと思います。

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!

0から始めるオススメ教材

24時間 趣味三昧な生活を実現する