ブログに書くことがない人へ!ネタが無限にある所を教えます

どうもです。

拓です。

 

ブログのサポートをしていると、『何を書いていいのかわからない』というお悩みを頂くことがあります。

なので、今回はこの件について触れてみます。

ということで、まずは本題に入る前段階として、『何を書いていいかわからない』を解決する為の大前提となるお話をさせていただきますね。

 

実際のところ、これを書けば正解というのもありません。

なので、自身の好きなことや興味のあることを書く、というのが一番おすすめです。

そうすることで、楽しみながら長く継続できるという利点もあります。

 

つまり、好きなことを書きましょう!

 

と、言うのは簡単ですが、実際に書くとなると何を書いていいのやら?という状況になりますよね。

では、どうやって書くことを見つければいいのか?

その方法をお伝えしていきます。

 

自分の頭の中から見つけようとしない

その方法とは、【自分の頭の中から見つけようとしない】ことです。

 

もちろん、ブログのジャンルやテーマは、あなた自身の好きなことから選んだ方が良いので、頭の中から持ってこなければいけないのですが、ブログのジャンルやテーマが決まっている状態で何を書けば良いかわからない、と言う場合は、『自分の頭の中だけで解決しようとしないこと』はとても重要です。

頭の中に無いものをいくら頭の中からひねり出そうとしても、アイデアが出てくることは無いと思っていいです。

 

突然ネタが降ってくることもありますが、それはもともと頭の中にあるものが、ふとネタと結びついたと言うことです。

 

つまり、何を書いていいかわからない場合は、何を書けばいいのか、行動して外部から見つけることが必要になってきます。

 

『何を書くか?』よりも『何を書いてほしいのか?』

ブログをやっているとどうしても、自分が何を書くか?あるいは、自分は何を書きたいか?という方に視点が行ってしまいがちです。

しかし、本当に大事なのは『読者さんは何を書いてほしいのか?』です。

 

『自分は何を書きたいか?』ではなく、『読者さんは何を書いてほしいのか?』という視点に切り替える必要があるのです。

 

 

【自分の頭の中から見つけようとしない】【読者さんは何を書いてほしいのか?】

上記2つの観点から、『何を書いて良いかわからない』を解決するポイントを順を追ってお話ししていきます。

 

読者さんが知りたいことは何か?

結論から言いまと・・・

自分が書きたいことよりも、読者さんが知りたいことを優先して書く、ということです。

 

極論ではあるのですが、何を書けばいいか自分で見つけられない場合、『自分の書きたいこと』は、見つける必要はないかなと思います。

必要なのは『読者さんの知りたいこと』を見つけることです。

 

人が興味を持つのは、自分の役に立つものです。

つまり、読者さんが知りたいのは、読者さん自身が欲しい情報で、書き手が書きたい情報ではないのです。

 

好きなことを記事にするのは大事ですが、その好きなことの中で、読者さんが知りたいことは何か?という部分を意識するのが重要です。

 

前述の通り、自分の頭の中に無いものをいくら捻りだそうとしても、無いものは出てこないので外部からもってくる必要があります、

この『外部から持ってくる』という言葉の『外部』とは何かを一言でいうならば、『読者さんの頭の中』です。

 

読者さんは何が知りたいのかな?何に悩んでいるのかな?

このように読者さんが頭の中で、考えていることを記事にするのです。

 

つまり、読者さんの頭の中を知り、読者さんが何を書いてほしい内容を想定し、そして記事にするということです。

 

とは言え、そんなこと言っても人の頭の中などわからんわい!!!

と思われるかもしれませんが、実は読者さんの頭の中を知る方法があるのです。

 

読者さんの頭の中を知り、アクセスが爆発、収益倍増するブログの秘密。

そういった情報は以下で無料配信中です。

読者さんの頭の中を知る方法!

 

 

【追伸】

人の頭の中を知りたい場合、それを可能とする方法はいくつかあります。

その中のひとつの方法を知りたいですか?

どうしようかな~。

それはですね・・。

 

 

 

脳外科医になることです。

 

 

あなたの野望を叶える『趣味ざんまいな毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!