楽しく夢を叶える目標設定と、絶対に達成できない目標の立て方

お疲れ様です。

拓です。

 

この記事を書いているのは年末も押し迫った12月下旬。

新年を迎えるにあたり、1年を振り返り、来年に向けての新しい目標を立てる人も多いのかなと思います。

よく会社なんかでも、新年度の目標を掲げたりしますし、個々でも目標を設定するよう命じられることがあります。

 

ただ、ここで注意が必要なんです。

 

その目標の到達点はどこにあるのか?

その到達点に向かって行くために、どんな目標を立てクリアしていく必要があるのか?

これこそが、目標を立てる上でとっても大切なことなんです。

 

 

目標を立てる上で必要なこと

新年を迎えるにあたり、1年を振り返り、来年に向けての新しい目標を立てる人も多いのかなと思います。

よく会社なんかでも、新年度の目標を掲げたりしますし、個々でも目標を設定するよう命じられることがあります。

 

ただ、ここで注意が必要です。

 

その目標の到達点はどこにあるのか?っていう部分を意識することです。

その到達点に向かって行くために、どんな目標を立てクリアしていく必要があるのか?

 

これこそが、目標を立てる上でとっても大切なことになります。

 

そして、もう一つが明確な到達点を設定することです。

つまりゴールをきちんと決める事です。

 

んで、そのゴールに向かう過程でクリアしていかなければならない課題を逆算して、それぞれ小さな目標を立てて行く。

つまり、ゴールである大きな目標が前提として存在し、その過程の中で小さな目標たちが存在している状態。

 

これがとっても理想的な目標の定め方になります。

 

 

目標設定の注意点

そんな目標設定ですが、ちょっとした注意点があります。

新年になると会社で目標設定をさせられたりすることがあるますが、そんな時によくやってしまいがちな目標の立て方です。

 

それは、目先の小さな目標だけを設定してしまうこと。

 

僕も会社員時代によく体験したのですが、その会社にいても特に目指したすものが無く、『仕事だからという理由だけで仕事をしている』状態なのに、会社で強引に目標設定させられた時には、だいたいこういう目標の立て方になります。

 

『将来はこうなりたい』『将来はこういうことを仕事にしたい』っていう将来像がないのに無理やり目標設定すると、目先の小さなことだけを目標にしてしまうのです。

 

僕が会社人時代によくあったのが、

『机の整理整頓』とか

『残業を減らす』とか

『挨拶をしっかりする』とか・・

 

それぞれの目標を単体でみれば、まぁそれっぽい目標なんですが、こういうのって『その目標を何のために達成したいのか?』っていう部分が全く考えられてないんです。

 

『机の整理整頓をして、作業効率を上げて、残業時間を減らしたい。その結果、会社の人件費削減に繋げて、ボーナスが増えたらいいな!』

とかだったら、将来を見据えた立派な目標設定なのですが、多くの場合そうではないです。

 

  • 会社が残業するなって言うから目標にしておこう
  • 上司に机が汚いって言われたから目標にしておこう
  • 挨拶の声が小さいって注意されたから目標にしておこう。

 

会社で立てさせられた目標なんて、こういうものです。

僕の実体験からも、これが現実なのです。

 

そして、目先の小さな目標だけを設定すると、ほとんどの場合、その目標は3日もすると忘れます。

小さな目標だけだと、その人にとっては大したことでもないし、結局はどうでも良くなって、3日坊主で終わってしまいます。

 

小さな目標の先にあるゴールは一体何なのか?

そのゴールは、あなたの求める将来像なのか?

 

そこが明確に見えていないと、目先の目標はなかなか達成できません。

 

特に会社で無理やり設定された目標などは、ゴール地点が明確になっていないことが多く、とりあえず目先のことに視線が向きやすくなります。

と言うか、明確なゴール地点を見出して、使命感を持って会社の仕事に取り組んでいる人が、どれほどいるのか・・・という部分からして疑問ではあるのですが・・。

 

現実として『仕事だからやっている』という感覚で会社勤めしている人が大多数だと思います。

その状態で、正しい目標設定をすることは困難だと思っています。

 

 

将来に繋がる目標設定

結局は、きちんと目標設定をする為には、自発的であるかどうかが大事です。

やりたくてやっている訳でもない会社では、正しい目標設定は難しいです。

 

もちろん、使命感を持って会社の仕事に取り組んで、日々精進している人は別です。

まぁ、会社の仕事やりたいと思ってやっている人は、あんまりいない気もしますが・・・

 

正しい目標が掲げられる状況って、自発的に望んでやりたいことがやれているかどうか?っていうことなんだと思います。

言い換えると、好きなことを仕事にしているかどうか?です。

 

会社員時代は、それこそ無理だったので、『めんどくさい・・』とか思いながら目標設定してました。

自分がこうなりたいからっていうよりも、上司を納得させればいいや・・・っていう感じで・・・。

 

これって、本来は自分の為に立てるはずの目標が、他人を軸にしてしまっているんですよね。

今から思うと、なんと虚しいことをしていたんだと感じます・・・。

 

僕はブログを始め、ネットビジネスの世界に足を踏み入れたことで、初めて『目標』というものを明確に意識するようになりました。

『目標』の本当の意味を知りました。

 

せっかく目標設定をするのなら、まずは明確なゴールを定めること、そこから逆算して必要な課題を小さな目標として掲げていくこと!

 

あなたが将来はこうありたい!っていう将来像があるのなら、ぜひその気持ちに素直に目標設定をしてみてください。

その目標を達成するために2019年を過ごすことが、2020年、2021年、さらにはもっともっと先の将来に繋がる素敵な目標になりますよ。

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!