心に響く言葉!偉人の名言!座右の銘!『世のため、後のため』塙保己一

お疲れ様です。拓です。

 

辛い時や人生に迷った時、自分を奮い立たせてくれる言葉『座右の銘』。

あなたは自分にとっての『座右の銘』はありますか?

 

座右の銘を持つことで、進むべき道が見えたり困難を乗り越える事ができる。

 

今がどうしようもなく辛いあなたにとって、座右の銘は勇気を与えてくれるのです。

 

そんな座右の銘になる偉人の名言、心に響く言葉をご紹介します。

 

塙保己一『世のため、後のため』

今回ご紹介するのは塙保己一(はなわほきいち)という江戸時代の偉人が残したこの言葉

『世のため、後のため(よのため、のちのため)』

塙保己一は江戸時代中期を生きた国学者です。

 

 

彼は、わずか7歳で視力を失いました。

そして12歳を過ぎた頃、母親を失います。

 

全盲となり母も失った保己一は、江戸に出て鍼や灸の修行を積みますが、全く上達しませんでした。

 

光を閉ざされた真っ黒な闇の世界、そんな中で仕事も上達せず将来の展望も闇に閉ざされた保己一。

 

将来に絶望した保己一は、堀に身を投げ自ら命を絶とうとしますが、直前で救助され一命をとりとめます。

 

その後、保己一は学問を始め、その才能を開花させます。

 

そんな中、彼は一大事業を思い立ちます。

 

群書類従(ぐんしょるいじゅう)の編纂です。

 

群書類従とは、全国に散らばった古文書や、原本紛失の危機にあった古典などを集めまとめた物です。

 

34歳で群書類聚の編纂を思い立った保己一。

 

その強い意志の根底にあった彼の想いが『世のため、後のため』

 

後世に正しく歴史を伝える為、自分が亡き後の日本を想い、群書類従は編纂されました。

 

塙保己一74歳、実に41年の歳月を経て群書類従は完成しました。

 

 

『世のため、後のため』

 

この想いを終生忘れることなく、保己一は666冊にも及ぶ群書類従を完成させたのです。

 

後世を想う

自分がこの世を去った後の事を真剣に考えられる人が、一体どれほどいるでしょうか?

 

『世のため、人のため』とは、よく言われる言葉ですが、塙保己一はそこからさらに一歩踏み込み、後世の為に群書類従編纂という偉業を成し遂げました。

 

現在の歴史研究において、この群書類従はたいへん貴重な史料として活用され続けています。

『世のため、後のため』という彼の想いは、間違いなく現代に伝わっているのです。

 

全盲と言う大きなハンデを背負いながらも、その人生を後世の人々の為に費やした保己一の偉業、精神は現代に生きる我々の心を震わせます。

 

少なくとも僕は目が見えます。

保己一のような素晴らしい偉業でなくとも・・・ほんのちっぽけな事でも・・何か後世に残せることはないだろうか?

 

僕にとっての『世のため、後のため』

あなたにとっての『世のため、後のため』

 

小さなことでもいい、その小さな想いが未来を明るく照らすかもしれない・・

 

心を震わせる塙保己一の『世のため、後のため』

 

あなたを少しでも勇気づけ、そして『座右の銘』となれば幸いです。

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!