【枕草子ライティング】ブログが読まれなくなる記事の書き方とは

今からおよそ千年前の京都で、世界で初のブログが誕生しました。そのブログは『枕草子』。千年経った今なお、多くの人々に愛され続けています。世界最古のブログはなぜ千年経っても色褪せず読者の共感を集め続けているのか?

その謎を解き明かすことで、現代のブログにも大いに役立てることができます。その謎を解き紐解いたものが『枕草子ライティング』なのです。

 

どうもです!清少納言に恋した男、拓麻呂です。

 

『枕草子ライティング』では、今から約千年前に書かれた世界最古のブログ『枕草子』を紐解きながら、なぜ千年の時を超えて読み継がれているのかを分析し、あなたのブログを『収益になるブログ』にすることを目指していきます。枕草子と聞くと、古典授業の小難しいイメージがあるかもしれませんが、『枕草子ライティング』では古文の知識は一切必要ありませんし、そういった話にも触れませんのでご安心くださいね。

 

世界最古のブログと言われる枕草子を書いたのは、バツイチ子持ちのおてんばブロガーの清少納言。枕草子には、現代のブログにも通ずるところがめちゃくちゃたくさんあるのです。枕草子が千年もの時を超えて読み継がれてきたのには理由があります。その理由を紐解きながら、あなたのブログが、枕草子のように千年読み継がれるものになるよう順を追ってすすめていきます。

 

世界最古のブログ「枕草子」の簡単な概要はコチラをご覧ください。

【枕草子ライティング】千年読まれる世界最古のブログとは?

2020.10.09

 

ブログの記事は普段の会話と同じ

ブログを書いていると、たま~にやってしまいがちなことがあります。それは、「あれこれと情報を詰め込み過ぎてしまう」ということです。ここは、物凄く注意しておきたいポイントです。一見すると、情報がいろいろ書いてあった方が良いのでは?と感じてしまうのですが、そういうわけでもないんですね

 

どういうことかと言うと、例えば『カレーを上手に作りたい』人がいたとします。その人は、ネットで情報を仕入れる時、何を目的にしているんだろう?と考えてみると分かりやすいです。当然『カレー』『作り方』とか、『カレー』『レシピ』みたいなキーワードで検索しますよね。

で、あるブログに辿り着き、カレーの記事を読んでいたら・・・いつの間にやら、カレーに入れるニンジンやジャガイモの成分が詳しく書いてあったり、途中からハンバーグの話になってしまったり・・こうなってしまったら読者はどう感じるでしょうか。きっと、のブログは自分の知りたいことが書いていない!と思って別のサイトへ行ってしまうでしょう。

 

ブログを書いていると、情報が多い方が良いと思ったりして、ついついあれもこれもと書いてしまうことがあります。また、ブログは1記事1000文字以上が望ましいと言われたりするので、文字数を気にして記事が冗長になてしまうケースもあります。しかし、これらは全て書き手側の都合なので、読者さんにはあまり関係のないことでもあるんですね。

大抵の場合、読者はひとつの検索ワードに対し、ひとつの情報を求めているので、その情報を知ることができれば満足してくれます。情報は多い方が・・文字数が少ないから・・そんな感じで、読者が知りたい事と関係ない方向に行ってしまうと、返って逆効果です。

 

感覚として、普段の会話を思い浮かべてみると分かりやすいです。例えば、友人に何かを質問されたら、その質問に対して真っ直ぐに回答しますよね。「おいしいカレーの店は?」と問われれば、まずは店名を伝えることで会話が成立しますよね。補足情報などは話が弾んできたら伝えるものです。なので、ブログの記事は読者さんの質問にストレートに答えるつもりで書きましょう。

 

1記事1テーマで書くコツ

とは言え、調子よく書いている時なんかは、内容が明後日の方向に行ってしまったり、情報を詰め込み過ぎたりしてしまうケースもあると思います。そこで、ブログを1記事1テーマで書くための、ちょっとしたポイントをお伝えします。

 

一番のポイントは、「記事の着地点を決めておくこと」と「記事の構成を決めておくこと」です。

 

その記事にやってくる読者さんは、何が知りたいのかを仮定し、結論を最初に決めてしまいます。つまり、結論ありきで記事を書きます。そうすると、その結論に向って記事を展開していくことになるので、だいぶ書きやすくなります。

また、着地点が決まったら、中身を見出しで分割してみると良いです。すると、その結論に導くために、どんな順番で内容を展開していくかが明確になります。そして、書くべき内容が整理されて、記事が変な方向に行ってしまうことを防げます。

 

このように「着地点を明確にして、そこに向って記事を書いて行く」。ここを意識しておくと、かなり記事が書きやすくなります。

 

情報の追記はOK

もうひとつのPンととして、着地点を決めて1記事1テーマで書くのを基本としつつ、さらにちょっとした豆知識なども入れるのも有りです。カレーの作り方がテーマなのに、ジャガイモの栄養素の話になってしまっては本末転倒ですが、より美味しく作る為のちょっとした豆知識や雑学をサラッと書いておく感じですね。つまり、記事の本題に付随する豆知識的な情報です。これが、読者さんに対する『おもてなし』になります。

ただ、あくまでも『追記程度にすること』が大事で、そっちを掘り下げてしまうと記事が明後日の方向に行ってしまうので注意してください。

 

ちょっとテーマから逸れるけど、どうしてもこの件もしっかり書いておきたい。そんな時は別記事にしてしまうのも手です。別の記事にして、リンクしてあげることで、興味のある人をそっちへ誘ってあげる。そうすることで、より一層読者への『おもてなし』になります。

とにもかくにも、1記事1テーマを大事にしながら記事を書いて行きましょう!

 

読者さんへのおもてなし

記事は読者の為に書くブログは1記事1テーマ。この根底にあるのは、読者へのおもてなしです。

 

読者が知りたい事を記事にする。読者の悩みに応える記事を書く。ここを意識しながら、テーマを絞って書くことで、より読者に寄り添った記事になります。

  • 記事はひとつのテーマで書く。
  • 結論を決めておき、結論に向かって記事を書く。
  • 記事は普段の会話と同じに注意。

 

以上の点を意識しつつ、ぜひぜひ書き進めて頂ければと思います。

今回は枕草子が出てこなかったですが・・・また次回ということで!

 

初心者さんが記事をどんな流れで書いて行けば良いか迷った時の鉄板テンプレートはコチラ!

【枕草子ライティング】初心者さん用!記事書に役立つ鉄板テンプレート

2020.10.15