【枕草子ライティング】ブログの書き方最大のコツと意外な真実とは?

今からおよそ千年前の京都で、世界で初のブログが誕生しました。そのブログは『枕草子』。千年経った今なお、多くの人々に愛され続けています。世界最古のブログはなぜ千年経っても色褪せず読者の共感を集め続けているのか?

その謎を解き明かすことで、現代のブログにも大いに役立てることができます。その謎を解き紐解いたものが『枕草子ライティング』なのです。

 

どうもです!清少納言に恋した男、拓麻呂です。

 

『枕草子ライティング』では、今から約千年前に書かれた世界最古のブログ『枕草子』を紐解きながら、なぜ千年の時を超えて読み継がれているのかを分析し、あなたのブログを『収益になるブログ』にすることを目指していきます。枕草子と聞くと、古典授業の小難しいイメージがあるかもしれませんが、『枕草子ライティング』では古文の知識は一切必要ありませんし、そういった話にも触れませんのでご安心くださいね。

 

世界最古のブログと言われる枕草子を書いたのは、バツイチ子持ちのおてんばブロガーの清少納言。枕草子には、現代のブログにも通ずるところがめちゃくちゃたくさんあるのです。枕草子が千年もの時を超えて読み継がれてきたのには理由があります。その理由を紐解きながら、あなたのブログが、枕草子のように千年読み継がれるものになるよう順を追ってすすめていきます。

 

世界最古のブログ「枕草子」の簡単な概要はコチラをご覧ください。

【枕草子ライティング】千年読まれる世界最古のブログとは?

2020.10.09

 

一人の読者さんに向けて記事を書く

コチラの記事では、ブログでとっても重要な「共感」について解説しました。

【枕草子ライティング】ブログのアクセスアップ超重要ポイントとは?

2020.10.12

 

では、「共感を生むためには実際どのようなことをすればいいのか?」といった部分を、今回はサクッと解説していきます。その答えは、「たった一人に向けて記事を書く」ということです。一見すると、多くの人に向けて記事を書いた方が、よりたくさんの共感を生むのでは?と感じるのですが、実は全くの真逆なのです。

 

万人に向けた記事だと、当たりさわりの無い内容になってしまいがちで、読者の心に響きません。個性や棘が無くなってしまうので、面白くない記事が出来上がってしまいます。共感を得る為には、読者が『あっ!この記事の内容は自分のことを言っている!!』と感じてくれるかどうかに掛かっています。つまり、逆の言い方をすると、当たりさわりの無い内容の場合、読者は自分の事だと思ってくれず、共感してくれないのです。結果、1記事見ただけでサヨナラになってしまいます。それどころか、本来あなたのファンになるべき読者さんを逃してしまうことにもなりかねません。

 

なので、ブログは常にたった一人の特定の人に向けて書くようにします。そうすることで、同じような境遇にある読者さんから共感を得ることができ、結果的に多くのファンを得ることができます。

 

読者さん像の決め方

では次に、読者さん像の決め方についてお伝えします。実は、ここが一番難しい部分です。

 

前提としては、その記事をどんな人に読んでもらいたいのか?が基準となります。

例えばですが、

  • 料理ブログであれば、夕飯の献立に悩むお母さん。
  • 副業ブログであれば、残業代がもらえていないサラリーマン。
  • ダイエットブログであれば、次の夏までにスリムになりたいOLさん。

などなど、その記事を読むのはどういった層の方なのかな?というのを仮定して記事を書きます。

 

さらに言うとその読者さんは どこに住んでいるのか? 家族構成はどうなのか?一人暮らしなのか? 男性か女性か? 何歳くらいなのか? どんな生活リズムなのか? という部分まで絞りこめると、もっと最高です。例えばサラリーマンで妻子持ちの男性であれば、ブログを書く時間は、子供が寝静まった夜である可能性が高いです。きっとブログに割ける時間はそう多くない事が想定できます。であれば、少ない時間の中でどうやって副業ブログを書くのか? といったような記事が、その読者さんに届けられます。

 

こんな感じで、読者を絞り込んで、その読者に向けて一点突破で気を書く!そうすることで、読者は自分の事だと感じて、その記事に共感してくれるようになるのです!

 

ちなみに、清少納言の枕草子も、実はたった一人の人物に向けて書かれています。それは彼女が宮廷で仕えた天皇の妻。その女性を『藤原定子(ふじわらのていし)』と言います。清少納言は枕草子を藤原定子に献上するつもりで、宮廷内で過ごした日々の想い出を綴ったのが枕草子です。清少納言は敬愛する定子に向けて、筆をとりました。

 

アンチに向けて書かない

ブログを書いていると、たまにアンチ的なコメントが届く時もあります。そうなると、アンチを刺激しないようなことを書いた方がいいのかな?と思ってしまうんですよね。しかし、そういった記事って結果的には「アンチに向けて記事を書いている」ことになってしまいます。

あなたに共感してくれない人、あなたの価値観や考えにケチをつける人、そういった人たちとは仲良くしたいとも思いませんし、記事を読んでほしいとも思いませんよね。なのでアンチに気を使って「アンチに向けた記事」を書く必要はありません。あなたに共感してくれる素敵な読者さんに向けて、あなたの感性で精一杯記事を書きましょう!

 

そして、アンチコメントをしている人は、嫌いな人のために限りある時間を無駄に使っている可哀そうな人たちなので、憐れみを持って無視してあげましょう!

 

ラブレターのつもりで書いていこう!

ということで、「一人の読者さんに向けて記事を書く」という部分を解説しました。

極端なことを言えば、読者さん像を細かく想定して「ラブレターを書くようなつもりで記事を書く」くらいの方が読者さんの心に響きます。想定していない読者さんには響きませんが、それでいいのです。万人に響かせようとすると、誰にも響かない記事になってしまいます。

  • ブログの記事は一人の読者さんに向けて書く。
  • 万人に向けた記事はむしろ読まれない。
  • アンチの言葉には耳をかさない

 

清少納言は藤原定子に向けて枕草子を書いたように、ぜひあなたも共感しあえる一人の読者さんに向けて記事を書いてみてくださいね!

 

続きまして「読まれなくなってしまう記事の書き方と、それを回避する記事の書き方」コチラで解説しています。

【枕草子ライティング】ブログが読まれなくなる記事の書き方とは

2020.10.14