【枕草子ライティング】記事に自信が持てず不安で公開できないお悩み解決

今からおよそ千年前の京都で、世界で初のブログが誕生しました。そのブログは『枕草子』。千年経った今なお、多くの人々に愛され続けています。世界最古のブログはなぜ千年経っても色褪せず読者の共感を集め続けているのか?

その謎を解き明かすことで、現代のブログにも大いに役立てることができます。その謎を解き紐解いたものが『枕草子ライティング』なのです。

 

どうもです!清少納言に恋した男、拓麻呂です。

 

『枕草子ライティング』では、今から約千年前に書かれた世界最古のブログ『枕草子』を紐解きながら、なぜ千年の時を超えて読み継がれているのかを分析し、あなたのブログを『収益になるブログ』にすることを目指していきます。枕草子と聞くと、古典授業の小難しいイメージがあるかもしれませんが、『枕草子ライティング』では古文の知識は一切必要ありませんし、そういった話にも触れませんのでご安心くださいね。

 

世界最古のブログと言われる枕草子を書いたのは、バツイチ子持ちのおてんばブロガーの清少納言。枕草子には、現代のブログにも通ずるところがめちゃくちゃたくさんあるのです。枕草子が千年もの時を超えて読み継がれてきたのには理由があります。その理由を紐解きながら、あなたのブログが、枕草子のように千年読み継がれるものになるよう順を追ってすすめていきます。

 

世界最古のブログ「枕草子」の簡単な概要はコチラをご覧ください。

【枕草子ライティング】千年読まれる世界最古のブログとは?

2020.10.09

 

不完全だからダメではない

枕草子ライティングその2でも若干触れましたが、どうしても自分の書いた記事に納得がいかなくて、公開に踏み切れないというお悩みは本当によくあります。記事に自信がない・・・本当にこんな内容でいいんだろうか・・・こんな記事を公開するのは恥ずかしい・・・という不安は、どうしても拭いきれませんよね。場合によっては、そんな不安を抱えていてはダメなんだとか、もっとガンガン行かなければと思ってしまい、逆に疲れてしまうなんてもとも珍しくありません。

 

自分の中で不完全なものを世に出すのは、やはり不安が伴いますよね。

 

実際、世の中のイメージとして、完璧だから良いもの、不完全だからダメなもの、みたいな印象もあったりします。ですが、実は不完全だからNGをいうのは大きな間違いなのです。世の中には未完成のままで評価されているものは、たんさん存在します。

例えば、世界記憶遺産に登録される『アンネの日記』、 神話と日本の成り立ちを伝える歴史書『古事記』。 スペインの観光名所 世界遺産『サグラダ・ファミリア』。どれも未完のまま世に出て評価され、知名度を得ていますよね。逆に全く売れなかった商品があったりなど、完成したものだからと言って、必ずしもそれが評価されるわけではないのです。

 

記事の良し悪しを決めるのは読者さん

そしてなにより、記事を評価するのは読者さんです。自分では不安で納得いかない不完全な記事だったとしても、読者さんにとっては物凄く役に立つ記事になることは決して珍しくありません。自分が知っていて当たり前の情報でも、ある人にとっては知っていて当たり前の情報ではないからです。

そして、ブログの記事は印刷物と違い、後でいくらでも書き直せますし加筆もできます。なので自分的には微妙だなと思った記事でも、あとで直せるのでどんどん公開していって問題ありません。

 

不安を感じることは全く悪いことではありませんし、むしろ普通なことで、逆に自信満々な人よりも不安を抱えている人の方が応援してくなっちゃいます!なので、不安なままでOKなので、そのまま記事を公開する勇気だけ、ちょっとだけ頑張ってひねり出しましょう。

不安が勝ってしまって記事が公開できない状態と、とにかく20記事書いて公開してきた状態とでは、その時点で雲泥の差が生まれてしまいます。30記事くらい書いていると、記事を書くスピードも上がってきますし、自分のやりやすい書き方がなんとなく見えてきます。なので、自分の中では不完全でも、とにかく公開することがとっても大事になってきますよ。

 

枕草子にも存在する不完全な記事?

枕草子を見てみると、妙に長い記事もあれば、中途半端に終わっているような1行しかない記事もあります。なんじゃソレ!って思うような記事もあります。でも、そういった記事も、枕草子に触れる人それぞれの解釈で読み解かれています。

もちろん、現代のブログ記事を1行で終わらせるわけにはいきませんが、結果的には枕草子の記事のように、読む人の立場や好みで、良し悪しは変わってきます。それでも千年読み継がれて、現代でも評価されているのが枕草子です。

 

ぶっちゃけ、完全と不完全の線引きや、良い記事と悪い記事の定義も曖昧ですし、本当に読み手側の捉え方次第です。なのでせっかく書いた記事を自分基準で判断しないっていうのは、とっても大事なことなんですね。

 

不安なままで問題なしです

ということで、枕草子にも不完全と思われるの記事が存在しています。それでも、現代の人たちから評価されています。他にも不完全なまま世に出て、とても高い評価を得ているものはたくさんあります。つまり、自分ではダメだなと思った記事でも、読者さんの立場や感性によっては、とても役に立つ情報になり得るのです!

  • 記事には自信がなくてOK。
  • 記事の良し悪しを決めるのは書き手ではなく読者さん。
  • 自分では微妙と思った記事でも公開して大丈夫。

 

ということで、不完全だなと思った記事も、不安だなと思った記事も、どしどし公開していくことがとっても大事になるのです!

 

↓次回はブログのアクセスを増やす上での超重要ポイント解説です↓

超重要ポイントを確認する

【枕草子ライティング】ブログのアクセスアップ超重要ポイントとは?

2020.10.12