千年前から変わらない!時間を有意義に使う人生を目指しませんか?

どうもです。

拓です。

 

1年が過ぎるのって早くないですか?

今年も気付けば、すでに年、なんてことも珍しくありません。

そこで、この言葉。

あっというまに過ぎ去る物と言えば『人の年齢』、『春、夏、秋、冬』

(枕草子 二四五段 ただ過ぎに過ぐるもの)

これは枕草子にある一節。

作者の清少納言が感じた『すぐに過ぎ去ってしまうもの』です。

 

あなたは、限られた時間をどのように過ごしていきますか?

 

あっという間の1年・・・

現在でも、『1年はあっと言う間だ』というのはよく聞く言葉ですし、気づけば30代、40代、あるいは50代、と感じている方も多いのではないでしょうか?

ともかくも、時間が過ぎるのはあっという間だなと千年前も、今と変わらない感覚を持っていたことが分かります。

 

時間があっという間に過ぎてしまうのは、昔から変わらない不変の事実。

でも、今の自分はその一年という時間を大事にできているのだろうか?

一年はあっという間だね!と気づいているにも関わらず・・・。

 

時間をどう使いますか?

今年も、あっという間だった。

振り返ると、時間を無駄にしていないとは言い難い・・・。

あれをやろう、これをやろうといろいろ考えていたことが、どれだけ出来ているだろうか?

あっという間に過ぎた時間と比例して、定めたゴールがあっという間に遠のいていく。

 

あっというまに過ぎ去る物と言えば『人の年齢』、『春、夏、秋、冬』

 

さらに、清少納言はこうも言っています。

きっと誰しもが思い当たるはず・・・。

ついつい怠けてしまうものと言えば、当日まで時間に余裕のある準備期間

(枕草子 二三段 たゆまるるもの)

 

千年前から、人の本質は変わらない。

 

例えば今年も残り三ヶ月だったとします。

でも、見方を変えれば、あと三ヶ月あります。

きっと、三ヶ月後はすぐにやってきます。

 

過ぎてしまったものは仕方ありません。

それはそれで受け入れつつも、残りの三ヶ月でやることを明確にして、集中して進めることを決めて・・・

あなたが理想とする将来像を目指して、少しでも有意義な時間のを使っていきましょう!

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!

24時間 趣味三昧な生活を実現する

0から始めるオススメ教材