ダメな人生こそ輝ける!古事記が語る出雲大社の神様の成長物語!

こんばんは

拓です。

 

いきなりですが、古事記ってご存知ですか?

 

日本神話が書いてある現存する日本最古の歴史書です。

 

『古事記』とか言うとなんか難しそうですが、現代語訳で読めばそこまで難しい内容でもないのです。

登場する神様の名前を覚えようとすると、一瞬で挫折しますが・・・。

 

そんな古事記に『大国主(おおくにぬし)※以下オオクニヌシ』と名乗る神様が登場します。

実はこのオオクニヌシ神話には、そして輝ける人生のヒントが隠されているのです。

 

パシリだったオオクニヌシ

オオクニヌシにはたくさんの兄がいます。

そんな兄たちにパシリとして使われていたのがオオクニヌシです。

オオクニヌシの物語は、どん底のような状態からスタートするのです。

 

オオクニヌシの初登場シーンは、兄たちの荷物を全部持たされた彼が、一番最後尾をトボトボ歩いているシーンから始まります。

 

その後、オオクニヌシは兄たちのイジメに合い、2回ほど死んでいます。

 

幸い母の熱い想いによって蘇りますが、それはもうダメダメな神様です。

 

しかし、オオクニヌシはとても素直で優しい性格でした。

ダメダメでも、とても真っすぐな性格だったオオクニヌシの周辺には、彼を助けてくれる人(神様)たちが集まってきます。

周囲に支えられ、オオクニヌシが少しずつ成長していく物語が『オオクニヌシ神話』なのです。

 

心優しいオオクニヌシ

現在の鳥取県あたりに、ある美しい女神様がいました。

オオクニヌシの兄たちは、全員その女神様に惚れ込んでしまい、揃って求婚します。

 

しかし、女神様が選んだのはオオクニヌシでした。

これはオオクニヌシの心優しい性格がもたらしたのもでした。

 

この少し前、心優しいオオクニヌシは、皮が剥がれた一匹の裏切を救っています。

助けられたウサギはオオクニヌシと女神さまが結ばれることを予言し、見事その通りになったのです。

なお、この神話が有名な『因幡の白兎』です。

 

オオクニヌシの試練

しかし、女神様の愛を独占してしまったオオクニヌシに対し、兄たちは怒り狂います。

オオクニヌシは意図せず兄たちの恨みを買ってしまったのです。

なお、この時オオクニヌシは2回ほど兄たちに殺されています・・・。

 

これはシャレにならんと思ったオオクニヌシは、ある神様を頼って逃げ出します。

 

この時、彼が頼った神様がスサノオです。

 

しかし、スサノオはオオクニヌシに試練を与えます。

蛇が居る部屋で寝かされたり、周囲を火で囲まれたり・・・。

 

しかし、ここでも周囲の助けにより、オオクニヌシは試練を乗り越えます。

スサノオの娘やネズミなどに助けられ困難を乗り越えていった彼は、少しずつ成長していくのです。

 

オオクニヌシの国造り

様々な困難を乗り越えたオオクニヌシは、やがて地上世界を造り始めます。

この日本の原型を造った神様がオオクニヌシなのです。

 

この時も、小さな蛾の神様がオオクニヌシの国造りを手伝ってくれました。

 

こうしてダメダメだったオオクニヌシは、日本の国を作り上げます。

 

その後、国譲り神話というエピソードを経て、大国主は出雲大社に祀られることになります。

この国譲り神話は、出雲大社の起源とされています。

 

スタートがダメなほど成長物語は光り輝く

かな~り簡略化しましたが、これがオオクニヌシの成長物語です。

 

この神話が物語っていること。

 

それはスタートがダメなほど、その成長物語は光り輝き、読者が感情移入するということです。

 

古事記は、今からおよそ1300年前に書かれた歴史書ですが、現代でも通用する成長物語として、ブログ記事を書く時にとても参考になります。

読者が感情移入する物語の本質は、大昔から変わっていない不変の事実です。

 

そして、その物語にはダメな人生でも楽しく輝くための『真実』があります。

 

出来事の事実は歴史の教科書に書いてあります。

しかし、そこには人の真実は書かれていません。

むしろ物語の中にこそ、人の心や想いが隠れています。

物語にこそ、人の『真実』があります。

 

この『真実』にこそ、明るい未来の本質が隠されているのではないかな?なんて事を考えています。

 

 

ゆる~く頑張りながら『趣味三昧な部屋に籠って過ごす毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!