上手な時間の使い方!歴史に学ぶ忙しい時のスキマ時間活用術

お疲れ様です。拓です。

 

仕事が忙しくて時間がない・・。

 

こんな風に感じることありませんか?

 

特にブログを書いていると、ネタ探し、キーワード選定、ライバルリサーチ・・・そして記事書き。

単純に記事ひとつ書くのに、これだけの行程を要します。

 

残業続きな毎日だと、なおさら時間が無くなってしまいますよね。

でも、そんな悩みを解消するヒントが歴史にあるんです。

 

毛利元就の次男坊で、アーティスト吉川晃司さんの先祖に当たる戦国武将『吉川元春』

 

この元春の偉業に、有効な時間の活用術が隠されているのです。

 

 

城攻めで少し空いた時間に・・

では、元春はどのように時間を活用していたのでしょうか?

 

彼は父の元就に従い、敵対する勢力の城を攻めていました。

 

しかし、その城は守備が固く、容易には攻め落とせそうにありません。

 

そこで元春が属する毛利家は、城を包囲して城内の物資や食料を枯渇させる作戦を実施します。

これは城攻めにおける常套手段です。

 

激しく城に攻め込むわけでもない持久戦。

そんな持久戦の最中には、手持無沙汰になる時間がありました。

 

このような少し空いた時間に、元春はある事を始めました。

 

それは、古典 太平記の写本です。

 

 

吉川元春の時間活用術

ちょっとしたスキマ時間で太平記を書き写していった元春。

やがて全40巻にも及ぶ太平記を書き終えます。

 

この元春の写本は現代まで伝わり『吉川本』と呼ばれ、太平記研究の貴重な史料として活用され続けています。

 

ちょっと空いた時間にコツコツと書き続けた太平記が、現代の太平記研究にも使われる史料となった・・。

 

これが元春から学ぶ上手な時間の使い方なのです。

 

 

スキマ時間を上手に使う

元春が太平記を書いていた時、彼の仕事はあくまで城攻め、城を包囲し続けることです。

 

包囲とはいえ、ただボケーっとしていた訳ではなく、部隊を指揮したり、今後の作戦を考えたりしていたはずです。

そんな中で少しだけ出来た隙間の時間。

 

このスキマ時間をうまく利用したことで、元春は太平記40巻の写本と言う偉業を成し遂げました。

 

これは現代の仕事でも同様のことが言えるんです。

働いている時は忙しくても、昼休みはあります。

営業職に就いているなら、電車での移動時間があります。

 

そんなちょっとした隙間の時間に、ブログのネタを探す、キーワードを調べる、ライバルブログをリサーチする・・・。

記事自体は書けなくとも、事前の準備を少しでも進めておく時間はあるんです。

 

事前準備をスキマ時間で進めておけば、帰宅後にいざ記事を書く時もすぐに書き始められます。

すぐに書き始められなくとも、事前準備の時間は短縮できます。

 

僕も残業が多い仕事をしていました。

繁忙期には日付が変わっても帰れない時がありました。

 

仕事が忙しくて時間が無い・・・そんな時はスキマ時間を利用しながら、コツコツと記事を書いていくのがおススメですよ!

 

 

失った時間は戻ってこない!

時間はお金で手に入りません。

過ぎ去った時間は絶対に戻ってきません。

 

普段の生活ではそこまで実感がありませんが、時間とはとっても貴重で大事なものです。

 

1か月はアッと言う間です。

1年なんてすぐに過ぎ去ります。

 

時間を有意義に使って、目指す未来に向かっていきましょう!!

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!