蹴鞠とサッカーの違いで分かる趣味ブログの書き方とは?

どうもです。

拓です。

 

突然ですが、蹴鞠ってご存知ですか?

 

現代でも馴染み深いもので例えるなら、サッカーが一番近いかな?と思います。

 

『蹴鞠』とは、鞠(まり)を地面に落とさないように蹴り合う競技のことを言います。

基本的には八人で行い、一定の高さをキープしながら八人で鞠を蹴り合います。

 

使用される鞠の大きさは、おおよそ20センチちょっと。

 

飛鳥時代から戦国時代と時代を問わず、男性貴族の嗜みとして楽しまれていました。

 

地面に落とさずに蹴った回数や、蹴った鞠が描く弧の美しさを楽しむなど、芸術性も重視される競技です。

 

サッカーに近いとは言っても、ルールは全然違いますね。

 

今回はそんな似て非なる、蹴鞠とサッカーの違いから見えてくるマーケティングのお話です。

 

 

サッカーの基本概念

ではまず、サッカーのルールを確認してみましょう。

 

ボールを蹴る競技という意味では似ていますが、サッカーの場合、前半45分、後半45分(+アディショナルタイム)といったプレイできる時間が決まっています。

限られた時間の中でプレイするのがサッカーです。

 

そしてもうひとつ。

サッカーは点の取り合いです。

より多くの点を取った方が勝者、少なかった方が敗者となります。

つまりサッカーの目的とは勝者を決める事、つまり優劣をつけることです。

 

決められた時間の中で、勝者と敗者を決める。

これがサッカーの基本的な概念になります。

 

 

蹴鞠の基本概念

では次に蹴鞠を確認してみましょう。

 

蹴鞠とは、いかに長くボールを地面に付けづず蹴り続けられるかが肝になります。

サッカーのように決められた時間はありません。

極端な言い方をすれば、地面にボールが落ちなければ永遠に続くことになります。

 

さらに蹴鞠に勝敗はありません。

参加したメンバーが力を合わせ、何回蹴り続けられたかをカウントしますが、そこに対決の構図はありません。

蹴鞠という競技には勝者と敗者は存在しません。

3回しか続かなくても、1000回も続いたとしても、平安時代から現代まで蹴り続けていたとしても、その先に優劣は付かないのです。

 

 

サッカーと蹴鞠の違いをブログに当てはめてみると・・

限られた時間で勝敗を競うサッカー。

一方、続けようと思えば永遠に続き、勝敗の無い蹴鞠。

 

この違いはブログを書くにあたり、とっても大切なヒントを与えてくれるのです。

 

世の中にはトレンドブログというものがあります。

 

流行を追いかけ旬な芸能ネタなどを記事にしているブログがそれにあたります。

しかし、流行は必ず廃れる時が来ます。

限られた時間の中でしか、人々に注目されません。

流行という限りある時間の中で、誰よりも早く記事を書き、上位表示を狙い、PVを稼ぐ。

 

そうです・・限られた時間の中で勝敗を競うサッカーと同じなんです。

サッカーは時間が終われば、その試合は終了です。

流行は廃れれば誰も興味がなくなり、そのネタは終了です。

 

では、一方の蹴鞠はどうでしょうか?

 

ブログには趣味ブログというものがあります。

自分の好きなテーマを軸にして、自分の世界観を作り上げていくブログ、それが趣味ブログです。

例えば『釣り』をテーマにした趣味ブログを始めたとします。

今現在、釣りを趣味にしている人はたくさんいます。

そしてこれからも、釣りが好きになる人は何人も現れるはずです。

 

芸能人の熱愛ネタは一時話題になりますが、長くは続きません。

しかし、釣りであれば、釣りというジャンルが存在する限り、釣りが好きな人に向けて発信し続ける事ができます。

 

蹴鞠はルールの上では永遠に続ける事が可能です。

趣味ブログも、そのジャンルが存続する限り、永遠にそのジャンルに興味を持つ人が現れ続けます。

 

さらに蹴鞠には勝敗がありません。

しかし、ライバルはいます。

 

自分たちのグループは最高記録が50回だ!

でも隣町のグループは最高記録が100回らしい・・・よし僕たちも100回以上目指して技術を磨こう!

 

 

僕のブログは毎日のPVが5PV・・。

でも同じジャンルを扱うあのブログは、情報量も多いしもっとPVがありそうだ。

よし、僕のブログもPVを上げるために、もっとリサーチして読者の悩みに応えよう。

 

しかし、どちらのブログがPVが多くても勝った負けたの線引きはありません。

あくまで趣味ブログは自分軸で展開していくんです。

自分の『好き』をテーマにして努力していくんです。

 

それは勝敗を決するためではなく、自分のブログを成長させるための努力です。

蹴鞠も勝敗を決するのではなく、自分たちの記録を伸ばしたいから技術を磨くんです。

 

これが、サッカーと蹴鞠から見えてくる、流行を追うトレンドブログと、好きをテーマにする趣味ブログの違いなんです。

 

 

ロングレンジとショートレンジ

僕が受けるコンサルの先生は『ロングレンジ』をとても大切にしています。

つまり、一発屋で終わることの無い、息の長いブログ。

 

先生はロングレンジの秘訣を歴史に見出しています。

僕も歴史好きを自称していますが、歴史にロングレンジを見出すのはとっても大切だと気付かされました。

 

今回の蹴鞠も先生から頂いた言葉を元ネタにしています。

 

サッカーには決まった時間がある、必ず試合は終わる・・・でも蹴鞠は永遠に続けることが出来る。

似て非なるサッカーと蹴鞠。

 

そんな蹴鞠のようなロングレンジを見つけることで、息の長いブログを書くことができる・・・。

それだけではなく、人生においても一発屋で終わらないロングレンジにヒントを見出すことは、とっても重要だな!と感じている今日この頃です。

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!