ブログが継続できない意思の弱さを改善できるたった一つの方法

どうもです。

拓です。

 

普段ブログのサポートや、メルマガのお悩み相談などでも、記事を継続して書けないっていうお悩みを持つ方が多いです。

ダイエットにしろ何にしろ、継続ってなかなか難しいですよね。

 

実際、Amazonで販売している、電子書籍でも『継続』に関するものはよく読まれています。

もうサボらない!ネタ切れにならない!ブログをずっと継続して書く超秘訣

↑この電子書籍でも、あーだこーだと継続の秘訣をいろいろと述べているのですが・・・

 

結局のところ、継続できないのって『意識の問題』が一番大きいのかなと思っています。

言い換えるならば『意思が弱い』、あるいは『動機が弱い』ということです。

 

ですが、意思の弱さをカバーできる唯一の方法が存在します。

その方法をお伝えしていきます。

 

意識の問題も大きい

継続って、結局は『やる』か『やらない』の簡単な2択でしかなく、継続できないのは自分で『やらない』を選択しているだけで、構造自体は物凄く簡単なんですよね。

 

もちろん、私生活がカツカツだったりとか、毎日の仕事が忙しすぎるとか、時間的な部分で記事が書けない状況もあると思いますが、そういった場合は継続出来ない悩みよりも、時間術的な悩みにフォーカスしたした方が良いのかなと感じます。

 

一方、つい怠けてしまったり、モチベーションが上がらないなどで、記事書きが継続出来ない状況が続いている場合、例えば眠いとか、遊びたいとか、他のことを優先的に選択している状況、つまり自分で継続しない方を選択しているに過ぎないと思うんですよね。

 

気分が乗らなくて記事が書けない日が、たまにある分にはさほど問題ではないのですが、ずっと自身の気分的な理由で記事書きが継続出来ない悩みを抱えているのなら、残念ながら『意志が弱い』という原因になってしまうかと思います。

 

継続を後押しするもう一つの要素

ただ、もう一つだけ継続を後押しする要素があります。

その要素が活用できれば、意思の弱さをカバーすることができます。

 

その要素とは『外側からの強制力』です。

『自分の意志』でどうにもならない場合は、『外側からの強制力』に頼るしかありません。

 

例えば、会社で真面目に仕事をするのは何故かと言えば、上司に怒られるとか、同僚に迷惑がかかるとか、後輩に示しが付かないとか、そもそも会社に申し訳ないとか・・・。

もちろんクビになるかもといったような、自分に対する危機意識もありますが、自分以外の誰かの存在が大きく影響している場合も多いです。

特に日本人というのは、協調性を大事にし周囲の目線を気にしやすいです。

 

ブログは基本的に一人で書くものなので、周囲の強制力が無くて怠けやすいです。

しかも、最初の頃は全然アクセスされず、読者さんすら満足にいない状況です。

 

なので、特に最初の頃はほとんど誰の目にも触れないので、多くの場合が初っ端で挫折したりします。

なので、継続しづらい状況と言えば状況なんですね。

 

だからこそ、誰かが見ているという状況を作りだし、怠けられない状況に身を置くことで継続の後押しを得ることができるのです。

 

『自分の意志』と『外側からの強制力』

 

この2つがミックスされることで記事書きが継続出来て、あなたの素敵な野望が実現出来るようになりますよ。

 

 

あなたの野望を叶える『趣味ざんまいな毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!