ブログ記事が書けない時の対処法!パクリじゃなくてカンニングOK

どうもです。

拓です。

 

ブログを書いているとネタに困る事があります。

どうにもこうにもネタが無くて記事が書けん・・・

 

そんな時の為に、今回はとっておきの方法をお伝えします。

 

それは・・・

 

カンニングです。

 

 

テストでは絶対ダメだったカンニング

学生時代はテストでカンニングなんてしたらダメでしたよね?

先生に見つかったら間違いなく怒られます。

 

でも、それってテストだからダメなんです。

 

テストの解答は基本的にひとつしかありません。

 

関ヶ原の戦いは1600年に起こりました。

1192年でも1467年でもありません。

 

答えは一つ、1600年だけです。

 

なのでカンニングした解答が正解なら、自分の解答も正解です。

 

これではテストの意味がないんです。

 

でも・・・

 

ブログは違います。

 

 

自分の言葉に置き換えて伝えること

ブログの記事って、例え同じテーマだったとしても、書く人によって伝え方が全然違います。

結論が同じだとしても、着地点に至る話の持って行き方は千差万別です。

 

だからこそ、ブログはカンニングOKなんです。

 

今日読んだ自己啓発本、勉強した教材などなど、なんならライバルブログでもいいです。

 

新しく学んだことや、新たに得た知識を、自分の言葉に置き換えて記事にする。

 

それでいいんです。

そうすれば、書くことなんて無限に湧いてきます。

 

学んだことを自分の言葉に置き換えて記事を書いていると、記事書きにも慣れていきます。

 

自分のブログに関連する本や雑誌を読む時なんかは、ちょっとアンテナを張って『記事のネタになるものはないかな?』っていう意識で読むと良いです。

 

 

パクリはダメです!!

ただし、ひとつだけ注意点があります。

 

パクリは絶対にいけません!!!

 

他のブログ記事や、書籍の文章をそのままコピーしてしまうのだけは避けてください。

 

著作権にも引っかかる上、アドセンスもペナルティを食らう可能性があります。

何より、人道的に許されません。

 

あくまで自分の言葉で、文章で記事にすること!!

 

これだけは絶対に忘れないで頂きたいなって思います。

 

 

学んだことを独自の文化に変えて来た日本の歴史

最後にちょこっと歴史のお話です。

 

日本人て実は、カンニングが得意なんです!!

日本人は長い歴史の中で、様々な海外の文化や技術を取り入れ、独自の文化として昇華させてきました。

 

例えば仏教なんかはインドから発生した宗教ですが、日本の仏教にはインドの面影はありません。

ちょっと突っ込んだことを言うと、お墓を作る文化は元来の仏教にはありません。

お坊さんの衣装だって違いますよね。

インドの僧侶ってオレンジ色の袈裟を着ているイメージがありますが、日本のお坊さんは全く違う衣装です。

 

現在、僕たちに馴染みのあるお寺やお坊さん、そしてお墓・・・

完全に日本が独自にアレンジした仏教です。

 

他にもクリスマスだって、日本人はカップルで過ごす日にしてしまいました。

しかも、なぜか前日の24日に・・。

欧米では家族でお祝いをする日です。

(正確にはキリストの誕生日って不明なんですよね・・・。しかもキリストって欧米人のイメージがありますが実はアジア人です)

 

最近流行のハロウィンなんていい例ですね。

 

言い出せばキリが無いのですが、ともかくも日本人は新たに得た文化を独自の文化に変えてしまう気質を持っています。

 

そんな感じで、記事のネタが尽きてしまったら、日本人気質を発揮して、拝借してきたネタを自分のオリジナルな文章で伝えていきましょう!

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!