十数年の残業の毎日で感じた会社や仕事への疑問まとめ

今日もお仕事お疲れ様です。

拓です。

 

いきなりですが、あなたが今働いている会社への疑問や違和感って感じたことありますか?

 

僕は十数年という長きに渡り残業の毎日を続けてきました。

そして、そんな生活の中で、常に感じていた疑問や違和感を感じていました。

 

僕がどんな環境で働き、どんな疑問を感じていたのかは、コチラのプロフィールをご覧下さい。

音声付きです!

ジェイソンのプロフィール

 

常に自分の価値観と、会社の価値観の間で自問自答を繰り返してきた十数年。

 

きっと、どちらが正しいとか、そう言うことではないんだと思います。

なので、明確な答えはありません。

 

でも、そんな十数年で分かったことが、一つだけあります。

実際に会社という枠組みの外で活躍する方たちと交流し、確信したことがあります。

 

それは、僕の疑問や違和感は、変なことでは無かったという事。

会社には会社の常識や価値観があり、僕にはその常識や価値観が合わなかったっていう事。

 

良く言われる社会の常識、そしてその延長線上にある会社の常識。

結局は、その常識を受け入れられる人間であるかどうか?

 

僕は十数年もの間、残業の毎日の中で常に自問自答した結果、残念ながらその常識に共感することが出来ませんでした。

 

僕が十数年の残業生活の中で感じた、会社が言う常識への疑問や違和感・・・

その中から導き出した答えを、お伝えしたいと思います。

 

 

『やりがい』への疑問

例えば『やりがい』という言葉があります。

特に社会人になったばかりのフレッシュな若者たちは、やりがいを求めて就職活動を行っている事が多いと感じます。

僕だって20代前半の頃はそうでした。

 

しかし、就職し時が経つにつれ、やりがいを求めていた頃の自分はどこかに行ってしまいます。

やがて、やりがいなんて幻想だったんだと思うようになります。

 

でも、『やりがい』という言葉は、『やりがいある仕事』といった感じで、今も昔も仕事とセットで表現される事が多いです。

 

確かに『やりがい』のある仕事は理想ではあります。

最初から『やりがい』の無い仕事を選ぼうとする人の方が珍しいと思います。

 

でも、十数年の残業の中で見えて来たんです。

 

会社とは、やりがいを提供していなかったんです。

『やりがい』と『苦痛』は表裏一体。

 

やりたくない事を残業までしてやっている会社には、やりがいは存在していないんです。

 

 

面倒な人間関係への疑問

会社での面倒な人間関係・・・

あるいはクレーマーで面倒なクライアント・・・。

多くの人が頭を抱える悩みではないでしょうか?

 

当然、僕も悩んだことがあります。

電話口で何度も嫌味を言われたり・・・

顧客である立場を利用し、自分の落ち度は棚に上げ、こちらの非難はここぞとばかりに言ってくるクライアント・・・。

 

しかし、この人間関係にも、僕は違和感を感じていました。

 

誰だって面倒な人付き合いなんてしたくないですよね?

 

でも、会社では面倒な人を避けていては仕事になりません。

むしろ、会社ではそれが当たり前、つまり常識です。

 

多くの人が、面倒な人間関係を避けたいと心から感じているのに・・・

本心を隠して嫌々接しているのに・・・

 

人間が本能的に避けたいであろう面倒な人間関係を、常識として振りかざす会社って一体・・・

そんな疑問を感じていました。

 

そして僕は、自分と合わない面倒な人から言われたことを真摯に受け止めるこが出来ませんでした。

表面上では言う事を聞いていても、会社だから仕方なく従っている状況でした。

 

そんな状況で人は成長出来るんだろうか?

嫌々従っている状況で、人は前に進むことが出来るのだろうか?

 

そんな事を自問自答しながら副業でブログを始め、その中で出会った方たちと交流する中で、その答えが見つかったんです。

 

人は価値観の合う人からアドバイスされた時、初めて成長できるものだったんです。

 

 

短所を補う事への疑問

会社には人事考課というシステムがあります。

 

あなたの長所はここです、短所はここです。

 

そんな感じで、個々の良かった部分と悪かった部分を振り返っていきます。

 

そんな中で、いつも言われるのが『短所を補う』こと。

 

確かに短所は無ければそれに越した事はありません。

でも、人の短所ってそう簡単にどうにかなるものなんだろうか?

短所を補うくらいだったら、長所を思いっきり伸ばしていった方がいいんじゃないだろうか?

 

そんな疑問を感じていました。

 

そんな中で気付いたことがあります。

 

それは、やっぱり長所を伸ばす方が、大きく成長できるということ。

 

そして、短所は補うんじゃなくて、短所として伸ばして行けば良かったんです!

 

 

目先の仕事に対する疑問

会社で仕事をしていて、こんな経験したことありませんか?

 

今日はこの案件から着手しよう!

そう考えて出社してみたものの、まず始める事はメールのチェック、そして始業と同時に鳴り響く電話応対。

顧客や他部署からの電話対応や依頼事項から業務が始まってしまい、着手しようとしいていた案件が一向に進まない・・・。

 

そんな経験ありませんか?

 

会社って、上司から依頼されたりする『いきなり着手することになった案件』に時間を取られるケースが、ものすごーく多いです。

しかも多くの場合、その仕事は緊急の案件だったりします。

 

せっかく自分で決めた優先事項をなかなか進められない・・

下手をすると着手できるのは残業時間になってから・・・

 

そんな事も珍しくありません。

 

でも、自分が本当にやろうとしていた案件。

本来は、それが一番の重要な案件で、将来の為の案件だったりしませんか?

 

僕も新人研修を任された時、こんな経験がありました。

 

今日は午前中が比較的余裕があるから、研修のプログラムを詰めておこう。

ところが、朝から鳴り響く他部署からの内線電話。

 

急遽あれが必要になったから、メールで送ってほしい。

こんな案件が飛び込んできたから、対応できないか?

 

そんな感じで結局午前中が過ぎ去り、予定していた研修プログラムには着手出来ず・・・

 

会社でよく発生する緊急案件。

その緊急案件も、もちろん大事なことです。

 

でも、自分が本来やる予定だった重要な案件・・・その案件に着手できない状況ってすごくストレスを感じていました。

 

しかし、そのストレスも実は当たり前のことだったんです。

 

本当に大事なのは『緊急じゃないけど優先しなければいけない案件』

しかし、会社という場所は『緊急だから優先しなければいけない案件』で溢れかえっています。

 

自分の目指す未来を形作るのは『緊急じゃない優先事項』だったんです!

 

 

 

 

常識を発達させよう

会社で言われている常識ってたくさんあると思います。

 

  • 給料は我慢の対価
  • つねにポジティブに
  • 仕事は辛くて当たり前
  • 会社への貢献が大事

などなど

 

でも、実はそれって『会社員でいさせる為』の常識であって、あなたを会社に拘束させる為の方便でしかないんです。

 

この常識は、戦後の高度経済成長により、みんなで頑張れば嫌でも商品が売れた時代に確立された考えです。

戦後、滅茶苦茶になって全てを失い、ゼロからのスタートだった日本なら、そりゃ我慢して汗水流した分だけ成果はあったでしょう。

 

そして、今では終身雇用制度も崩壊しました。

国が副業を推奨したのも記憶に新しい所です。

 

もはや、会社に依存することで得られるメリットは、とりあえず毎月給料が貰えることくらいしかありません。

しかし、それだって『残業代がでない』とか『成果を出しても給料が上がらない』といったデメリットと隣り合わせです。

 

現在の多くの会社は、頑張った分だけ損をする環境なんです。

会社から評価されることで、得られるのは多くの報酬ではありません。

より面倒で大変な仕事、そしてより多くの面倒な人間関係です。

そして、より多くの残業時間です。より長い会社での拘束時間です。

 

そんな中で言われている常識は、もはや常識と思わない方がいいと僕は考えています。

 

時代によって常識は変わります。

その時代には、その時代の常識があります。

 

そして今、日本は大きな時代の転換期にあると考えています。

インターネットと言う技術革新により、社会の在り方は変わってきています。

つまり、常識も大きく変わる時を迎えています。

今はまさに、その過渡期です。

 

僕が過去にタイムトラベルし、目撃した真実。

それは、長い日本の歴史の中で、今の日本が如何におかしな常識に囚われているかという事。

 

今の時代を生きていると、その不自然さにはなかなか気づけません。

しかし、先の大戦より前の2000年近くの日本の歴史を俯瞰して見ると、如何に今の日本がおかしなことになっているかが分かります。

 

時代が進むにつれ、生活環境は確かに良くなっています。

技術的な面で言えば、昔に比べ、僕たちは遥かに豊かな生活環境の中にいます。

 

しかし、心の面では窮屈な時代に生きているのもまた事実。

その時代にはその時代の問題も抱えています。

でも昔の日本人は、もっとノビノビと、逞しく、自分の意志に正直に生きていました。

 

現代の常識により、現代日本人は日本史上最弱な状況になっています。

 

次の時代を生き抜く為、僕たちも次の時代の常識を受け入れる必要があります。

 

常識を発達させる必要があるんです。

 

今の常識を疑え!とはよく言いますが、僕はあえて『発達』という言葉を使います。

常識を発達させるんです。

 

現代社会の常識は、現代社会の常識として、動かしようのない事実です。

それはそれで受け止めて、次の時代の常識へと発達させることが大切です。

 

現代の常識を振りかざしていては、次の時代の常識へ発達させることができません。

今、あなたの会社で言われている常識、その常識に疑問を感じているのなら、常識を発達させる大きなチャンスです。

 

最後に、僕が会社の常識全体に感じていた疑問や違和感に応えてくれた偉人の言葉をお伝えします。

 

明治維新という、現代と同じような大きな時代の転換期に生きた男の言葉です。

 

常識を発達させよ

見聞を広くしなければならぬ

小さな考えでは世に立てぬ

 

-大村益次郎-

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!