会社を辞めたい時は上司に相談しないことが退職への近道

どうもです。

拓です。

 

今、働いている会社を退職しようと考えた時、上司に相談するかどうかで迷う事ってありませんか?

 

もし、あなたが会社を辞めようと考えているのなら、上司には相談しないことをオススメします。

退職をしたい時の上司への相談って、あんまり意味が無いのかなって考えています。

相談というよりは、決定した自分の意志を告げることを意識していくと、とても効果的です。

 

僕は、会社を辞めた経験と、上司であった経験の両方があるので、その中で経験した僕なりの考えをお伝えしようと思います。

 

上司は会社の立場に立っている

基本的に、上司と呼ばれる肩書のある方たちは、会社の立場に立っています。

当然、その言葉も会社にとってどうであるか?が基準になっています。

 

もっと酷くなると、自分にどう影響が出るか?ということを打算しています。

 

仕事が今より忙しくなる・・・。

自分の評価が下がる・・・。

 

というような感じですね。

 

時には、あなたのことを想って発言してくれる上司もいるかもしれませんが、少なからず『会社にとってどうであるか』という会社側の立場が必ず入っています。

 

なので、『退職したいと思うのですが・・・』というような相談をすると、大抵の場合、阻止しようとしてきます。

あなたがこれ以上いたくない場所に、留まらせようとしてきます。

 

ある程度の経験があれば、辞められてしまうと戦力ダウンは明らかで、当然会社にとってはマイナスです。

あなたと同じ戦力を再度育て上げる為には、時間と労力、コストもかかります。

 

このように、あなたが退職したという意思よりも、会社にとってどうであるか?を考えるのが上司の肩書がある人たちです。

肩書がある以上、会社にとってマイナスなことが出来ないのが上司という立場です。

会社に貢献できる人材だから、上司になれた訳ですし。

 

退職の意志を上司に相談すると、大抵思いとどまるよう説得されます。

なので、退職の意志が固いのであれば、相談の必要はありません。

 

もし、すんなり退職が認められるのであれば、それはきっと、会社があなたを必要としていないのかもしれません。

そういった場合は、お別れした方がお互い幸せですので、早速退職の準備に取り掛かりましょう。

あなたが働く場所は、その会社ではありません。

 

相談ではなく決定した意志を伝える

上司に退職の意志を伝える場合、相談というよりは、ハッキリと退職する旨を伝えてしまいましょう。

 

『退職したいのですが・・・』とか、『退職したいと考えているのですが・・・』というような、伺いを立てる感じではなく、『〇月付で退職します』と明確な意思を伝えます。

 

伺いを立てるような言い方だと、上司に阻止する隙を与えてしまいます。

 

退職の意志を伝える場合は、上司に相談する必要はありません。

退職することを決めた結果を伝えてください。

 

これ、本当に大事です。

 

下手に思いとどまって、その会社で働き続けることになると、若干の気まずさも伴い、ちょっと働きづらくなります。

上司たちの間でも、あなたがブラックリスト入りしてしまうことも考えられます。

あるいは、今後、腫物に触るような扱いを受けるかもしれません。

 

なので、退職の相談はせず、きちっと退職の意志を伝え、正々堂々と辞めましょう。

 

 

相談するのであれば辞めない方が良いかも

もし、『相談』という形をとるのであれば、それは退職の意志が固まっていないのだと思います。

退職すべきかどうかを相談するというケースであれば、辞めない方が良いかと思います。

 

なんだかんだで、その後の就活は大変ですし、次の職場がすぐに見つからないかもしれません。

 

そして、何より退職を相談したいと感じるのであれば、その上司はあなたにとって頼りがいのある人物なのではないでしょうか。

そういった上司がいる環境は、とても素敵なこだと思います。

 

その上司が、あなたと違う部署にいる場合は、その部署への異動を相談してみるのも良いかもしれません。

 

退職を上司に相談したい、伺いを立てたいという場合は、ちょっと立ち止まってみることをオススメしたいです。

 

 

会社を辞めたいけど転職が不安な場合は・・・

会社を辞める意思は固まった!

あとは、その意思を伝えるだけ!

 

ですが、転職が不安・・・

 

もし、そうお考えであれば、会社に雇われずに生きていく方法も検討してみてはいかがでしょうか?

僕は約15年勤めた会社を退職したあと、他の企業には就職せず、自宅に籠って一人で働く道を選び今に至ります。

 

そういった道もあることを、ちょっと意識してみると、退職後の選択肢が広がって、より自分の理想に近い働き方が検討できるのかなと想います。

 

もし、あなたが会社に雇われない働き方も考えてみたい場合は、こちたをご覧になってみてください。

一人で働くスタイルも、気ままで良いものですよ!

仕事が嫌で会社に行きたくない人の為の理想の働き方のご提案

2018.04.05

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!