時間の無駄遣いをやめたい!会社に捧げる時間を自分の幸せに使う方法

どうもです。

拓です。

 

仕事をしながらブログをやっていると、どうしても記事が書く時間が取れなかったりしませんか?

 

会社勤めだと、どうしても仕事を中心に生活のリズムが出来上がってしまいます。

ただでさえ、1日の大半を会社で過ごす毎日。

残業があれば尚更・・。

 

そんな時は、会社と切り離せる部分が無いか、ちょっと振り返ってみましょう。

 

会社に捧げていた意味のない時間を見つけて、その時間をブログを書く時間にしてしまいましょう。

 

 

意味のない飲み会に行かない

まずはコレ。

時間の無駄遣いの代表格です。

 

新年会、忘年会、歓迎会、送別会・・・

飲みに行く理由は色々ですが、定期的に開催される会社の飲み会。

 

会社が飲み会を行う理由としては、だいたい仕事のストレス発散とか、団結力を強める為とか、そんな感じだと思います。

 

ですが、飲み会に行く事で本当にストレス発散になっているのだろうか?

団結力が強まっているのだろうか?

 

僕自身の経験上、ちょっと疑問に感じています。

 

確かに、飲み会の場では、これまであまり親交の無かった人と話したりもしますが、それが団結力とか仕事のやりやすさに直結した経験が全くないんです。

会社で合っても、これまで通りすれ違った時に挨拶を交わす程度の間柄。

 

今までと何も変わらない・・・

 

ちなみに、僕は飲み会自体は嫌いではありません。

むしろ好きです。

 

友人ともよく飲みに行くし、会社でも親交の深かった社員とは、個人的によく飲みに行っていました。

 

そして、ふと思うんです。

会社の飲み会に参加した時、終盤になってくると、いつも同じメンバーで固まって飲んでいる・・・。

社員の結束を強めるという名目で飲み会を催しますが、最終的にはすでに気心知れた、すでに結束している仲間と飲んでいる・・・。

 

酒の席って、結束を強めるんじゃなくて、すでに結束が固まった仲間、同じ考え、価値観、趣味嗜好を持った仲間と飲むから楽しいんです。

ストレス発散になるんです。

 

僕は十数年の会社勤めで、会社が主催する何十人と言う大人数での飲み会に何回も参加してきました。

そんな経験からもハッキリと言う事ができます。

 

会社が主催する、会社が前提となった飲み会で得られるものは、何もありません。

 

その飲み会に費やす数時間・・・

とっても、もったいないです。

 

なので僕は、ここ2年くらいは会社主催の飲み会には一切参加しなくなりました。

 

 

必要以上の仲間意識を持たない

僕は残業の多い会社で働いていました。

ですが、そんな中でもたま~に定時で帰れる日があったりもしました。

 

が・・・

 

自分が早く帰れそうでも、隣の席にいる社員が泥沼にハマって全然帰れそうにない時もありました。

同じチームで働いている社員なので、ほっとく訳にもいかない・・・

結局、自分の仕事が終わった後に、手伝うことに・・・

 

で、帰りが遅くなってしまう・・・

 

そんな経験を何度もしてきました。

 

でも、ブログを始めてからは、そのやり方を変えました。

 

自分の仕事は自分の仕事、あの人の仕事はあの人の仕事!

自分の課題と人の課題。

 

その線引きを明確にして、必要以上に手伝わず、さっさと帰るようにしました。

当然、逆のパターンもあり、その時は自分が苦しむんですが、それも自分の課題だから自分でなんとかする!

 

でも、その方が1日の予定を立てやすくなります。

 

今日は早く帰れそうだから、1記事書けそうだ!

 

ここで誰かの仕事を手伝っていたら、その予定も意味が無くなってしまいます。

 

協力する所は協力するけど、必要以上には人の仕事に手を出さない。

会社では、人の為に自分の時間を使わない。

 

そんな感じで、無理やりブログを書く時間を作り出していました。

 

 

会社を前提としたリズムを変えてみよう

自分にはこんな夢があるから、副業でブログを始めてみたけれど、やっぱり仕事が忙しくてなかなか時間が取れない。

 

そんな時は、少し会社との距離を置いてみましょう。

 

社員なんだから飲み会に参加するのが当たり前とか、同じ組織で働いているんだから、手伝って当たり前とか、会社を前提とした考えを、試しにやめてみましょう。

そうする事で、会社に捧げていた意味のない時間がが見えてくるようになります。

 

会社でやる仕事は、結局のところ雇われ仕事です。

決められたことを決められた時間やる場所です。

 

会社に尽くすとか、企業戦士がカッコイイとか、もうそんな時代じゃありません。

 

高度経済成長を支えたと自負する人たちが作り上げた社会的価値観に縛られることなく、自分のやりたいことに向かってブログを書いて行って欲しいなって想います。

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!