時間が無くてブログが書けない?時間術の本を読むより効果的な方法

どうもです。

拓です。

 

ブログの記事を書く時間がなくてお悩みですか?

そんな時に、時間が確保できるとっておきの方法をお伝えします。

 

あなたには、時間を忘れて夢中になれる好きなことはありますか?

 

時間を無駄にした一例

僕も、時間を上手く使って記事を書けるようにしたいなと思って、先日本屋に行きました。

『時間術』関連の書籍がお目当てでした。

 

結構たくさん出版されていて、ザっと立ち読みしながら選んでたんですが、結局よく分からなくなって全然関係ない本を立ち読みしだし、結局、趣味の本を買って帰ってきました。

んで、その時買ってきた本は、ノリで買ってしまったので、ほとんど読んでません。

つまり、結局何しに行ったのか分からないことになってしまったんですね。

 

時間をうまく活用したくて本屋に行ったのに、時間を無駄にしたわけです。

 

時間が無いという思いこみ

身も蓋もない結果になったのですが、今から思えば、時間がないって感じるのは、ある種の思い込みなのかなと思います。

 

例えば僕の場合、会社員だった頃に夜中の12時過ぎに帰って来ても、すぐに寝てしまうことはなく、趣味に時間を費やしていました。

翌日の朝が辛くなることも分かっていたし、仕事中に眠くなることも分かっていたけど、それでもやりたいって思うことがありました。

 

格闘ゲームに夢中になっていた時は、ゲームセンターの営業時間に間に合えば、閉店まで対戦してたし、間に合わなければ家で練習してました。

ライバルに負けたくない、もっと強くなりたい一心で夢中でやり込んだ結果、大会で上位になるくらいの強さにはなれました。

 

プラモデル製作を始めたばかりの頃は、一刻も早く完成させたくて、夜中に帰ってこようが工房に籠って黙々と作業をしていました。

何度も失敗して、いくつものプラモを無駄にしてきたけど、今ではとりあえず人に見せられるくらいの作品を作れるようになりました。

 

そして、寝る時間を惜しんで趣味に時間を使って、いざ布団に入った後・・

そこから、大好きな歴史の本を読む時間でした。

読みながら寝てしまうことも多かったけど、寝る時間を惜しんで歴史に触れ続けた結果、日本史のブログを書くことができ、今では歴史が収益に繋がっています。

 

1日24時間の中でどこに比重を置くか

1日が24時間以上使える人はいません。

全ての人が24時間という一日の中で行動しています。

 

大切なのは、あなたの24時間の中で、どこに比重を置くかだと思います。

僕の場合は、会社の仕事より大事にしたい時間が趣味の時間でした。

 

その延長線上にあったのが、趣味の一つである歴史をテーマにした趣味ブログでした。

だからこそ、深夜に及ぶ残業の後でも、睡眠時間を削って記事を書くことが出来ました。

 

僕に特別な才能があったわけじゃなくて、格闘ゲームもプラモデルも歴史も、ただ好きだっただけなんです。

 

時間を最も上手に使う方法。

それは『夢中になれること』に時間を使うことです。

 

時間術の本で学んで、無理やり時間を確保しようとする必要なんてなかったんです。

 

時間を忘れて夢中になれるほど大切なこと。

それを記事にすることが、時間が無くてもブログを書く最大の秘訣だったんです。

 

僕のように、睡眠時間を削ることまでは推奨しませんが、ぜひ夢中になれる好きなことを記事にしていってほしいなと思います。

 

好きなことが分からない時は・・

とは言え、そんなに夢中になれることが自分にはありませんという場合もあるかもしれません。

そんな時にオススメの方法があります。

 

退屈な時間はやたらと長く感じるのに、楽しい時間てアッという間に過ぎてしまいますよね。

そんなアッという間に時間が過ぎてしまった時に、あなたが何をやっていたのかを思い出してみると良いかと思います。

 

そこに、あなたの夢中になれる好きなことが隠されていますよ。

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!