これで解決!ドカッとファンが増えるブログの記事の書き方

どうもです。

拓です。

 

記事を書く上で大事なことは、 そのうちの一つが明確な読者さんを意識することです!

ですが、ブログの記事を書く上で、一番難しいのがこの部分でもあるのです。

 

 

記事は一人の読者さんに向けて書く

ブログって不特定多数の人が見るので 万人に向けて書いた方が良いのかなと 思ってしまいがちなのですが、 実は全くの逆です。

万人に向けた記事だと、当たりさわりの無い内容になってしまいがちで、読者の心に響かないんです。

共感を得る為には、読者が『あっ!この記事の内容は自分のことを言っている!!』と感じてくれるかどうかに掛かっています。

 

当たりさわりの無い内容だと、読者は自分の事だと思ってくれず、共感してくれないのです。

結果、1記事見ただけでサヨナラになってしまうのです・・・

 

 

感情が入らない

僕も、ある記事を書こうと思って書き始めるのですが どうにも感情が入らなくて、上っ面の説明だけで終わってしまうことがあります。

 

そうなりやすいパターンとしては、 そこまで興味ないけれどアクセスの為に書いた記事とか 特に書きたいとは思わないけどブログ全体として書いておいた方がいい記事とか・・。

そんな感じで、なにしろ自分の中で『書きたい』とか『興味はないが・・』 と思ってる記事を書こうとすると、どうにも感情が入りません。

 

なんですが、ただ好きなことだけ書いていても、 やっぱりアクセスは増えないし 読者さんに共感してもらえなかったりします。

 

また、記事を書く時には、見出しを意識することがありますね。

なんですが、僕は見出し有りきで記事を書くことが苦手です。

 

もちろん、先に見出しを決めてから書く方もいらっしゃいます。

僕もそうする場合があるのですが、なんか感情が入らないんです。

その影響なのかは分かりませんが、ワードプレスの画面を開いて 記事を書いていると、結局、味気ない記事になりやすい ことが多いのです。

そんな感じなので、一人の読者さんを想定して記事を書くのって、意外と難しいんですね。

 

 

ラブレターを書くつもりで

なので、僕はワードプレスで記事を書くのをやめました。

ワードプレスで書くと、どうしても万人に向けて 記事を書いている意識があって、明確な読者さん像を 想定できないからです。

 

ブログの記事は、一人の読者さんに向けてラブレターを届けるつもりで書きます。

じゃあ、どうやって記事を書いているのかと言うと・・・

 

その秘密はコチラから→一人の読者さんに向けて記事を書く秘密の方法