初めてブログを書く人へ!最初の記事は何を書いたらいい?

お疲れ様です。拓です。

 

面倒な独自ドメインの取得や、ワードプレスのインストールが完了して、ようやく記事を書き始める環境が整った。

でも何をどう書いていけばいいんだろう?

 

初めて書くブログの記事って、書く内容に自信が持てなかったりしてアレコレ悩んでしまうことがあるかと思います。

 

まずは、あまり構えず、あなたの好きなことをテーマにして、あなたの言葉で書いていくと良いですよ!

 

最初の記事は何を書く?答えは『好き』を記事にする

で、肝心な記事内容ですが、特に何を書けばいいかとか決まりはありません。

なので、あなたの趣味、好きなこと、興味のあることをテーマに記事を書いて行きましょう。

 

実はコレがとっても重要です。

会社の仕事だと趣味が活かせる場って限られていますよね?

でもネットの世界は、あなたの趣味が活かせる世界です。

 

よくありがちな失敗例が、『稼げそうだから』とか『流行ってるから』という理由で記事を書いてしまい、途中で挫折するケース。

好きでもないこと、興味のないことだと、継続が苦痛しですし、それこそ興味のないことをやっている会社の仕事と変わらないのです。

ブログは会社の仕事と違い、強制的にやらされるものではないので、興味のないことだと、どうしても怠けてしまいます。

 

ブログって、成果が目に見えるまで時間がかかります。

なので、興味のないことを書いていると、成果が出る前に諦めてしまうんです。

 

趣味のことだったら、誰かに伝えたくなったりしませんか?

好きなことだったら、強制されなくても色々調べてたりしませんか?

 

僕は、これまで共通の趣味を持っている人がおらず、誰かに本気で語ったことなんてありませんでした。

マニアックだし、本気で語れる場所なんてありませんでした。

でも、ブログではその趣味を全開で語っています。

そして、その記事に興味を持って読んでくれる人がいます。

 

これって会社の仕事では味わえない、とっても素敵なことだと思ってます。

 

でも、好きなことを書いていて稼げるの?と疑問に思うかもしれません。

そんな時はコチラの記事をご覧ください。

ブログの収益化は好きなことを仕事にしちゃいたい人にオススメ

2017.09.07

あなたの好きなことで稼ぐ方法!在宅副業で楽しくお小遣い稼ぎ

2017.12.20

 

マニアックじゃなくても大丈夫

そうは言っても、自分にはマニアックな趣味なんてありません・・・

そう思われるかもしれません・

 

でも大丈夫です。

 

例えば、最近釣りが楽しすぎて、滅茶苦茶ハマってます!!

でも釣りに目覚めてまだ1か月前。まだまだ知識も技術もないんです。

初心者なんでブログなんて書けません・・・。

そんな状況だったとします。

 

でも、いいんです。

 

始めて1か月でも全然OKです。

もっと言ってしまえば、1週間だってOKです!

 

あなたの1か月の経験は、これから釣りを始めたい人にとって、知りたい事がてんこ盛りなんです。

 

釣りを始めて1か月・・・初心者だからこそ悩んだこと、難しかったこと、短いながらも頑張って出した釣果・・・。

今日から釣りを始めたい人にとっては、釣り歴20年の大ベテランの情報よりも、初めて1か月のあなたの方がより身近な存在として有益な情報になり得ます。

 

より初心者に寄り添った記事が書けるんです。

 

そして、初めて1か月だからこそ、チャレンジしたこと、やってみようと思うことなどを記事にして、読者と一緒に成長していきながら楽しむ事が出来るんです。

 

最初から構えて書かなくても大丈夫

ブログを始めたばかりの頃って、カッコイイ言い回が必要なんじゃないか?とか、気の利いたフレーズを使おうとか考えてしまいます。

 

でも、そこに注力していると、なかなか記事書きが進まず手が止まってしまいます。

で、やっぱり無理だと思ってしまって辞めてしまう。

 

それは物凄くもったいないです。

 

誰だって最初から上手な文章なんて書けません。

言い回しがおかしくなることは珍しくありません。

 

でもライティングをしっかり学んだ経験がなければ、それは普通のこと。

最初から小説家のような上手い表現なんて出来ません。

 

僕なんか、いまだに出来ません。

 

しかし、それでいいんです。

 

ブログに読者が求めるものは、カッコイイ表現とかでは無く、その記事がどれだけ自分の役に立つか、あるいは自分の悩みを解決してくれるか。

読者が求めているのは、そこなんです。

 

なので、むしろカッコイイ表現なんか必要ありません。

むしろ、簡単で小学生でも理解できる文章の方が望ましいくらいです。

 

もし文書力を気にするのであれば、まずは、分かりやすく簡単な言葉で書けているかな?っていう部分を気にしてみましょう。

それが、読者の為の記事を書くっていうことになるんです。

 

どんな記事でも公開してOK

とりあえず初の記事が書けたけど・・・記事に自信がない・・・

本当にこんな内容でいいんだろうか?と不安に感じることもあるかもしれません。

 

それでも記事は公開して大丈夫です。

ブログの記事は印刷物と違い、後でいくらでも書き直せます。

 

自分では微妙だなと思っても、例え未完成でも、思い切って公開ボタンをクリックしてしまいましょう。

 

内容はなんでもいいので、まずはとにかく書いてみる、そして自信が無い仕上がりでも迷わず公開してしまう。

 

これを繰り返すことで、少しずつスキルアップしていきます。

 

文章に自信がない、記事の中身に自信がない・・・

僕自身も、最初はどんなふうに記事を書いていいのか迷ってばかりでした。

どうにかこうにか書けた記事でも、自信がなくて公開するのが不安でした。

 

でも、そう思って記事が公開できない状態と、とにかく20記事書いて公開してきた状態とでは、その時点で雲泥の差が生まれます。

30記事くらい書いていると、記事を書くスピードも上がってきますし、自分のやりやすい書き方がなんとなく見えてきます。

 

そして、何より記事の良し悪しを判断するのは読者さんです。

自分では『何じゃこりゃ』と思っていた記事がアクセスを稼いだりして、読者さんの役に立つケースも決して珍しくありません。

むしろ自信がない、公開するのに躊躇してしまうくらいの記事の方が、読者さんの心に響くことがあります。

 

なので、未完成でもとにかく記事を書いて公開することがとっても大事です。

未完成のすすめ!ブログの記事に自信が無くても公開してOK!

2018.05.28

 

このサイクルが身についてくれば、もう初心者から1歩前へ進んだも同然です!

 

公開することでスキルアップ

以上が、初めての記事書きの考え方です。

 

とにかく自分の言葉で好きなことをテーマに記事を書き、未完成でも公開してしまう。

 

もし気にするのであれば、小学生でも理解できる分かりやすい表現になっているか?

最初はこれを意識するだけで十分です。

 

それを繰り返すことで、徐々にスキルが身についてきます。

 

スキルが上がってくると、やがて初期の頃に書いた記事を見ると、なんだか恥ずかしくなってきます・・。

記事書きに慣れてくると、きっとあなたもそうなります。

でも、それは成長の証。

 

とにかく興味のあることをテーマに記事を書いて行くこと。

 

そうすることで、記事を書くのが楽しくなって、知らないうちにスキルが上がっていきます。

ぜひぜひ、好きなこと、興味のあることを記事にしてみてください!

 

とは言ってもいきなり書けるものでもなかったりします。

ということで、どんな流れで記事を書いていけば良いのかを具体的に解説したいと思いまして、今から使える記事書きのテンプレートなどをコチラでお届けしています。

僕はこの書き方でブログのアクセスを爆発(1日1万PV)させました。

興味のある方は以下からご入場ください。

記事書きのテンプレートを手に入れる

 

 

【追伸】

たまたま立ち寄ったコンビニに、店員が15人くらいいた。

うち8人がレジにいた。

 

 

あなたの野望を叶える『趣味ざんまいな毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!