PV数が増えなくて気分が落ち込んだ時こそ記事を書こう

どうもです。拓です。

 

ネットビジネスを始めた時って、『このくらい稼げるようになりたい』とか、『何年後には自立していたい』とか、それぞれの目標があって動き出すものだと思います。

んで、それに向かって進んで行くことになります。

なんですが、なかなか成果がでなかったり、以前より成果が下がったりしてしまうことがあります。

そして凹みます。

 

成果を出すためには、コツコツと記事を書き続けたり、メルマガを発行し続けたりしていくことが大事です。

その道のりは、どんな人でも、必ずしも平坦ではないですよ、というお話です。

 

グニャグニャしたゴールへの道のり

例えば3年後に何かしらのゴールを定めたとします。

日々コツコツと進めていくと、少しずつ前進していって、最終的にはゴールに到達できます。

今現在から3年後に至る道のりを、簡単に図式化してみるとこんな感じになります。

この図で示した青い矢印のように、コツコツと進めていくと、スタートからゴールに向かうことが出来ます。

なんですが、ゴールに向かう道のりは、この青い矢印のような真っすぐなものではないんですね。

 

実際にはこんな感じです。

このグニャグニャした赤い矢印が、ゴールに到達する真の道のりになります。

ちょこっと調子が良い時もあれば、逆に悪い時もあって、酷い時には過去最高に悪くなったり、状況が後退してしまったりします。

 

山あり谷あり

こんな感じで、ゴールに向かう道のりは、浮き沈みが激しく、決して真っすぐではありません。

 

具体的な例で言うと、ブログのPVが下がった、アフィリエイトの売り上げが下がった。

さらに、数字が下がったことが影響し、精神的に後退することもあります。

会社を辞める為にネットビジネスを始めたんだけど、数字が下がって精神的にもしんどくなって、やっぱ会社に戻ろうかな?と思ってしまったり・・・。

 

一直線にゴールに向かって行きたいんだけど、なかなかそうも行かないっていう現実があって、そのたびに自信を無くしたりとか、自分の選択に疑問を感じたりしてしまうんです。

定めたゴールに向かう道のりは、本当に山あり谷ありなのです。

 

低迷した時こそ本領発揮

なんか上手く行かない時って、変な方に考えてしまったりして、なかなか記事が書けなくなったりします。

僕自身にも、そういう時があって、このまま続けて本当に成果がでるのかな?とか、今書いている記事に意味はあるのかな?という感情と、なんとかしなきゃいけないという感情がぶつかり合って、頭の中がグルグルして、考えてるだけになって、なかなか手が動かない・・・。

そんな状況に陥ります。

 

でも、それは誰にでもあることだし、当たり前のことなんです。

だから、その感情は悪いことではないし、無理して隠す必要は無いんです。

 

そして、妙な感情に支配されたときは、多くの人の手が動かなくなるからこそ、その時にどれだけ行動できるかって部分で差が付いてくるんじゃないかと思います。

むしろ、そういう感情の時にこそ、本当の感情が記事に宿って、読者さんの共感に繋がったりします。

それが、日本人が古来より大事にし続けてきた『言霊』なんだと思います。

だからこそ、ゴールに向かう道のりが低迷した時ほど、記事を書いた方が良いのです。

 

まとめ

以上、数字や気持ちが低迷した時こそ、記事を書こう!でした。

 

ゴールに向かう道のりは、真っ直ぐではなくて上がったり落ちたりの繰り返しです。

全てが順調に行くわけではなく、誰しもが浮き沈みを繰り返しながらゴールに向かっていきます。

なので、落ちている時の気持ちは、普通の事なんだと思って受け入れて大丈夫です。

 

そして、そんな感情の時こそ、その感情のままで記事を書いてみてください。

その繰り返して、少しずつゴールに向かっていくことが出来ますよ。

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!

0から始めるオススメ教材

24時間 趣味三昧な生活を実現する