ドロドロした自分の気持ちを大切にして記事にしてスランプ脱出

どうもです。

拓です。

 

ブログをやっていると、どうしても記事を書く気にならなかったりすることがありませんか?

そんな時は気分も落ち込んでいて、自分の心がドロドロしたネガティブな感情に支配されてしまったりします。

 

でも、そのネガティブでドロドロした素直な感情こそ、大切にして欲しいなと想います。

ドロドロしたカオスな感情にこそ、読者さんの共感を呼ぶあなたの魅力が詰め込まれているのです。

 

ドロドロの感情

少し前に、僕は記事が書けなくなりました。

毎日、記事を書いたり、教材を購入頂いた方のサポートをしたりしていましたが、それが本当に自分のやりたいことだったのか分からなくなりました。

その結果、メルマガを配信することも出来なかったし、何も進まなくなってしまいました。

負のスパイラルにハマって、ネガティブな感情だけが幅をきかせて、何も出来なくなってしまいました。

 

そして、1日中遊んでしまったことを後悔し、夜になって何もしなかった自分を責めるような毎日でした。

 

その後、コンサル等でアドバイスを頂き、今は目の前にあった霧が晴れたような感覚ですが、やっぱり負の泥沼にハマってしまう時期って、誰にでもあるのかなと思います。

 

自分の素直な気持ちを大事に!

気分が落ち込んでいる時って、やっぱり感情がネガティブになります。

そういう時は、何に対してもドロドロした感情を抱いていて、自分自身のことすら嫌になる時があります。

 

そんな時は記事が書けなかったりすることもあると思います。

そして、記事が書けなかった自分を責めて、さらにドロドロした感情が湧き出してしまったり・・・。

 

でも、人間誰しも気分が乗っている時もあれば、そうでない時もあります。

気分が乗らないからダメっていうことはないんです。

 

ネガティブな感情になってしまった時は、そのままで大丈夫です。

ネガティブなまま記事が書けず、1日遊んでしまったとしても、その自分を受け入れて大丈夫です。

その感情も含めた自分を、大切にしてほしいなと思います。

 

ネガティブなまま記事を書いてみる

そんな時は、正直にその気持ちを記事に込めて記事を書いてみるのも、ひとつの方法です。

 

こんなドロドロした感情を記事にして良いのかな?

読者さんに不快な思いをさせてしまわないかな?

 

そんな不安もあるかもしれません。

でも、その感情をそのまま記事に込めてみてください。

 

その時は、別にカッコいい所を見せようとか、読者さんの為にとか思わなくて大丈夫です。

そのままのドロドロを吐き出してみてください。

 

あなたの弱さを包み隠さず吐き出したドロドロの記事は、読者さんの共感を呼びます。

カッコよくて強いだけの人よりも、弱さのある方が人間味があって親近感に繋がります。

 

とは言え、やっぱりそんな記事を公開するのに、ためらいを感じるかもしれません。

でも、どんな記事でも受け取るのは読者さんです。

自分ではダメだと思った記事でも、人によっては素晴らしいと感じることもあります。

 

ドロドロした自分をさらけ出した記事に親近感を持った読者さんこそ、素のあなたに共感してくれる素敵な読者さんであり。お客さんです。

 

素晴らしい記事なんて書けなくて良いです。

気分の優れない素のあなたの感情を、ぜひ記事にしてみてください。

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!

0から始めるオススメ教材

24時間 趣味三昧な生活を実現する