ブログの記事を書く時に大切な事!それは目的を忘れない事

お疲れ様です。拓です。

 

ブログを書く時に意識することっていろいろあるのですが、最も意識したいことが「読者さんのために記事を書く」ということです。そして、「読者さんのために記事を書く」ためのコツもひとつではないのですが、そのうちのひとつが「記事の目的を忘れない事」です。

気持ちが焦っている時や、面倒な作業をしている時に、ついつい今やっていることのホントの目的を忘れてしまうことがあります。つまり、作業を終わらせる事が目的になってしまい、その作業の本質、目的がどっかに行っていまうのです。普段の仕事などでも、そんな経験あったりしませんか?

 

ということで、「記事の目的を忘れない」ということに関して、ちょいと深掘りしてみようと思います。

 

普段の仕事でもよくあること

例えばですが、よくあるケースとして、仕事でなにかミスをした際に、事故の経緯を報告書にまとめたり、顛末書を書いたりってことがあると思います。そして、今後同じミスが起きないように対策を検討して上司に報告したりもしますよね。

そんな時にありがちなこと、と言うか自分自身が以前の会社でもよく経験していたことなのですが、上司を納得させるための報告書になってしまっていて、同じミスを起こさないようにするための報告書ではなくなってしまっている、ということがよくありました。同じ間違いを起こさないための対策を講じても、上司にあーだこーだと物言いをつけられるので、いかに上司が納得する文面を作り上げるか?という本末転倒なことになってしまっていたのです。

これでは、再び同じミスが起こってもおかしくないですよね。

 

さらにこれと同じケースは、いろいろな場面で遭遇します。

例えば、

  • 人前でスピーチする時、話し終えることが目的なってよく聞こえない小さな声で話してしまう。
  • 後輩に仕事を教える時、一方的に喋ってしまい相手が理解していない。
  • 会議の時、とりあえず集まって話し合ったことで、打ち合わせをした気になってしまう。

などなど。

 

本来の目的を忘れて、アクセス狙いに走った記事なんかは、記事タイトルと中身の整合性が取れていなかったりして、一時は調子が良くても後々Googleの評価が下がって、アクセスも減るという事態に陥りかねません。

ブログでも、アクセスを増やしたいとか、アフィリエイトの成約率を伸ばしたいとかで、ついつ本来の目的である「読者さんの役に立つ記事」を書くことを忘れてしまうことがあります。なので【この記事はどんな読者さんのために、何を伝えたくて書いているのか?】という部分はつねに意識していきましょう!

 

ブログでありがちなケース

せっかくなので、ついついブログで目的を忘れがちなケースを、もうひとつお伝えしておきますね。

自分自身を振り返っても、よくやってしまうのが、「記事を書くことだけが目的になっているケース」です。

カッコいい文章で書かなくては・・・とか、文字数を多くしなければ・・・とか、記事を量産しなければ・・・とか、そんな感じの方向に意識が行ってしまっているパターンですね。

 

ブログ本来の目的は『読者さんに読んでもらうこと』なので、意識は読者さんに向いている必要があります。つまり、読者さんの満足度は、カッコイイ文章とか文字数の分量で決まるのではなく、「どれだけ役に立ったか?」で決まるのです。

 

歴史にもこんな逸話があります

例えば、日本の歴史にもこんなエピソードがあります。

緊急の用事があって、手紙を書かなければいけなくなった時の一幕です。

急ぎの要件である!!ゆっくり書け!

急ぎなのにゆっくり書くという、一見矛盾にも思えるこの言葉に、「目的を忘れないこと」の真実が隠されています。この言葉を残したのは小早川隆景(こばやかわ たかかげ)という戦国武将なのですが、この隆景の言葉には、一体どのような意味が隠されているのでしょうか?

 

手紙の目的とは、そこに書かれた内容を読み手に伝える為に書かれるものです。しかし、急いでいる時や気持ちが萎えている時、人間はどうしても目の前の作業を終わらせることが目的になってしまいます。手紙の場合で言うと『書き終えること』が目的になってしまいがちです。これでは、手紙で本当に伝えたかったことが読み手に伝わらず、本来の役割を果たすことが出来ません。

であればこそ、手紙を書く目的を忘れないよう「急ぎの案件こそ、ゆっくり落ちついて書く」ということを強く意識しているのです。

 

急ぎの要件である!!ゆっくり書け!

この言葉は今なお、人間心理の本質を突く格言として心に響き続けているといえますね。

 

目的を忘れないこと

ブログに限らずどんな場面においても、ついつい本来の目的を忘れてしまうというのは、よくあることです。本当に誰しもが陥りやすいことです。だからこそ、「記事の目的をわすれない」ことを意識することで、より早く結果が出るようになるのかなと考えています。

それでは!
 

 

趣味を活かしてさらに趣味を大満喫!朝起きるのが楽しみな毎日を手に入れる方法はコチラ↓↓

登録者限定!無料レポートをプレゼント中!!↓↓