スランプ脱出法!ブログのネタが無くて記事が書けない時の解決策

お疲れ様です。拓です。

 

ブログを書いていると、誰しもがぶち当たるであろう悩み・・。

記事が・・・書けない・・・汗

 

単純にネタが思いつかない。

考えあるけど、記事としてまとまらない。

モチベーションが上がらない・・。

そもそも何を書いていいかわからない。

 

だいたいこんな感じでしょうか?

 

僕自身も、そんな時あります。

では、そんな時にはどうすれば良いのか・・・。

 

今回は、記事が書けない時に僕がとる行動についてご紹介します。

参考にして頂ければ幸いです。

 

湯船に浸かる

まずは、これ。

この対処法は、どちらかと言うとネタはあるけど、記事がうまくまとまらない時に行います。

 

こんなテーマで記事を書こうと決まってはいるものの、話が膨らまない、文章が続かない・・そんな時に有効です。

 

僕の場合、記事を書く時には起承転結を考えているのですが、どうも『転』や『結』に上手く持っていけない時があります。

そして夜に記事を書いていることが多いです。

そんな時は、風呂に入ってボケ~っと記事のことを考えます。

 

そうすると、なんとなく想像が膨らみ、パズルのピースがぴったりハマった時のように記事の流れが出来上がる時があります。

 

風呂でなくても良いかもしれんが、静かな場所で瞑想してみると思わぬ閃きが生まれることがあるのです。

 

とりあえず書き始める

とは言え、書けない時は書けません・・。

 

なんとなくネタはあるけど、やっぱり記事が膨らまない・・。

そんな時は、あれこれ考えず、パソコンを起動して書き始めてしまいましょう。

 

そうすると、案外記事って書けるものです。

書いている内に、閃きがあったりして意外と1時間、2時間平気で書けたりします。

 

内容が予期せぬ方向に行ってしまうこともありますが、それが逆に自分の中でしっくりくる内容だったりもします。

 

仮にとんでもない方向に行ったとしても、後で修正できますし、何よりなにも書けないよりは何倍も良いと思います。

頭で考えていてもダメな時はダメなので、とにかく行動してしまうのはとても大切な事なのです。

 

諦めてインプットの時間に充てる

それでも書けない時は書けないものです。

 

そんな日は、もう諦めてしまいましょう笑

 

ブログって基本的には、アウトプットの場だと思うのですが、この際ガッツリとインプットの時間に宛ててしまうのも一つの方法です。

 

翌日以降の記事の為、本を読む、映画を観る、ゲームをする・・・。

思いっきり割り切って、自身のブログテーマに合ったネタをインプットする時間にしてしまいましょう。

 

僕の場合、趣味のブログで歴史を扱っていますので、歴史関係の本を読んでインプットや復習をしてたりまします。

あるいは、ブログの先生から購入した教材を読んだり、頂いたアドバイスのメールを読み返して、過去記事に反映できないか考えたりしています。

 

記事を書くのが一番大切ですが、こういったインプットの時間も絶対必要なことなんです。

 

最終的には遊ぶ

そして最後の手段はこれです。

 

ブログの事を忘れて、もう好きなことをやってしまいましょう。

こういうリフレッシュはとても楽しいですし、思いっきり遊んだほうが、後でしっかり記事が書けたりするものです。

 

気持ちの切り替えは、とてもとても大切です。

ただ・・そのままパソコンに向かわなくならないように注意してくださいね!

 

まとめると・・・

誰にでもスランプはありますし、記事が書けなくなるのは普通のことです。

あまり考えすぎず、その日は割り切ってしまうことも重要です。

 

記事が書けない日もあれば、逆にやたらと調子が良い日も必ずあります。

 

前向きにブログと向き合いながら、適度にリフレッシュすることで、徐々に自分なりの書き方が見つかってくるはずですよ。

 

 

ゆる~く頑張りながら『趣味三昧な部屋に籠って過ごす毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!