趣味ブログ初心者向け!絶対にやってはいけないジャンルの選び方

どうもです。

拓です。

 

これからブログを始めようかなとお考えの方にお伝えしたいことがあります。

いざ始めるとなると、一体どんなジャンルを選んで記事を書いていけば良いのか悩むことがあるかと思いますが、『アクセスが多いから』とか『稼げそうだから』という理由でブログのジャンルを選ばないことをオススメします。

 

そういった理由でジャンルを選んでしまうと、長続きせず失敗する恐れが大いにあるからです。

 

ブログのジャンルを選ぶ時の最大の秘訣は『アクセスが多いから』ではなく『あなた自身が好きなことかどうか』で選ぶのが、とっても大事になるのです。

 

興味の無いことは挫折の元

『アクセスが多いから』とか『稼げそうだから』という理由で選んだジャンルは、あなたが必ずしも興味のあることではないかもしれません。

もちろん興味があることであれば大歓迎なのですが、必ずしもそうとは限りません。

 

興味の無いことを調べて記事を書いて行くのって、かなりの苦痛を伴います。

興味が無ければ調べること自体が苦痛に感じます。

 

例えば、会社での仕事って基本的には苦痛じゃないでしょうか?

多くの場合、会社で行う労働は興味の無いことで、仕事だからやっているに過ぎない為、やっていて面白くないです。

会社だと、周囲の目や責任感から、興味のないことでも何とかやることができるかもしれませんが、ブログは一人で書くものです。

書かなくても誰かに迷惑がかかる訳ではありません。

記事を書かないことで被害を被るとしたら、それは自分自身です。

 

そういった状況の中で、興味の無いジャンルでブログをやっていると、大抵の場合、サボることになってしまいます。

興味がない上に、記事を書かなくても誰にも迷惑がかからないという状況は、自身を相当厳しく管理していかないと、長く継続していくことが困難になります。

 

ブログはある程度、長く継続していかないと成果が出てきません。

最低でも100記事は必要です。

むしろ100記事書いてからが本当のスタートです。

なので、いくらアクセスが多いジャンルであっても、継続できなければ収益も得られません。

 

またアクセスが多いジャンルには、それだけライバルも多いということになりますので、稼ぐ為にはかなり根気が必要になります。

 

そういった意味でも、アクセスが多いという理由だけで、興味の無いジャンルを選ぶことはオススメ出来ないのです。

 

興味が無いと記事に熱が入らない

興味のないジャンルを選ぶことで生じる弊害は他にもあります。

 

興味のないことだと、記事を書いていても熱が入りません。

記事に熱が入るということは、記事にあなたの想いを込めることでもあります。

 

興味がないけど無理やり調べて書いた記事には、当然あなたの想いは込められません。

 

ブログ記事で大事なことは、あなた自身の体験談や想いを盛り込むことです。

興味の無いことだと、上辺だけで中身がペラペラな記事になってしまい、読者さんからの共感が得られません。

読者さんの知りたい情報や悩みに応えることが出来ません。

 

そうなると、当然アクセスも増えて行かず、成果の出ない日々が続いて行きます。

そして・・・諦めます。

 

『アクセスが多い』、『稼げそう』、そういった理由でブログのジャンルを選ぶと、かえって『アクセスが無い』、『稼げない』という事態に陥りやすいので、注意が必要になるのです。

 

ブログのジャンルの決め方

では、ブログのジャンルは何を基準に選んでいけば良いのでしょうか?

それは、自分の興味のあること、好きなことを選ぶことです。

 

好きなことなら、誰かに伝えたくなりますし、楽しく続けられます。

そして、分からないことがあっても、好きなことなら調べるのも苦になりません。

結果、継続的に長く続けることが出来ます。

 

世間では、『好きなことでは稼げない』『所詮、趣味は趣味』と言われることもありますが、好きなこと、興味のあることの方が成果をだしやすいのがブログの世界です。

 

僕も最初は自分の趣味を選んで記事を書いていました。

もしあの時、興味の無いことを選んでいたら、ここまで続けられなかっただとろうと感じます。

 

自分の趣味を、そこまで熱く語れる知人や友人って、周囲にそこまで居ないと思います。

でも、ブログではそれが可能です。

より熱く語った方が良いくらいです。

 

ぜひ、あなたの興味のあることを基準に、ブログを始めてみて頂きたいなと想います。

 

 

【追伸】

夜寝ている時に、ベッドの下から手が出てきて掴まれたことがあります。

 

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!