Googleアナリティクスの『セッション』の意味とは何ぞや?

どうもです。

拓です。

 

Googleアナリティクス活用してますか?

 

その日にブログを訪れた人数とかが分かるので便利なんですが、いかんせん専門用語が多すぎて、始めたばかりだと????な感じになってしまいます。

 

僕自身の経験を振り返ると、特に意味不明だったのが『セッション』

 

なので、今回は『セッション』てなんのことを言っているのか、サクッと簡単にお伝えします。

 

 

アナリティクスのセッションとは?

では、セッションとは一体なんなんでしょうか?

 

簡単に言ってしまうと、読者さんがそのブログに訪れた回数です。

 

1度ブログにやってきて、ブラウザバックするなりしてブログから立ちるとセッション数が1、ということになります。

その後、また同じ読者さんがやってきたとしても、再度カウントされます。

 

極端な例をあげると、1日に1人の読者さんだけが100回ブログにやってきたら、セッション数100、ということになります。

あるいは100人全て違う読者さんが来た場合でも、セッション数100になります。

 

ちなみにUU(ユニークユーザー)数は、同じ読者さんをカウントしないので、1人の読者さんが100回ブログにやってきてもカウントは1、とい感じですね。

 

なお、『UU』や『PV』に関してはコチラの記事をご覧ください。

ブログのUU数の意味ってなんですか?PV数と違いはあるの?

2018.05.10

 

 

まずは用語の意味を理解しよう!

アナリティクスには色々な性能があるので、全部使いこなそうとすると、結構大変です。

特にブログを始めたばかりだと尚更です。

 

アクセス解析を把握して、よりアクセスを集める施策も必要かもしれませんが、その辺はやっていく中で覚えていきます。

 

知識ばっかり増えても、記事が満足に書けなければ本末転倒です。

 

まずはアナリティクスの基本用語だけ覚えておいて、記事を書く習慣を身に着けること、そして読者さんの役に立つ記事を書く!

それを意識していくことが大事かなって思います。

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!