何回もアドセンス審査に通らなくて落ち込んでいる時に見てください

どうもです。

拓です。

 

アドセンス審査がどんどん厳しくなっていますね・・・。

僕は2017年にアドセンスの審査を通過しましたが、2回ほど不合格を経験しています。

 

アドセンス審査が不合格だった時って、精神的なダメージがデカいんですよね。

1回目は、まだよく分からずに審査に挑むので、不合格だったとしても『まぁこんなもんか・・やっぱ厳しいんだな・・』くらいにしか思わないんですが、2回目となると精神衛生上、かなりよろしくありません。

 

Googleから通達される抽象的な不合格通知を解読して、きちんと対策したうえで再審査に臨みます。

その結果、またもや不合格というのはショックがデカすぎるんですよね・・・。

 

2回の不合格

僕は元々会社が嫌でブログを始めたので、会社を辞めて稼げるようになることが目標でした。

会社が嫌で仕方なかった時に、ネットビジネスと言うものを知り、アドセンスというものを知りました。

しかも、アドセンスはクリック報酬型のサービスの中でも、1クリックの単価が高いらしい!!

 

なので当時は『アドセンスで稼げるようになって会社を辞めてやろう!』って思っていました。

 

んで、自分なりにNGワードとか、書いちゃいけない記事とかいろいろ調べて、審査に出したんですが結果は不合格。

とは言え、不合格になることは珍しくないという情報も持っていたので、この時はそこまでショックを感じませんでした。

 

問題はこの後です。

1回目が不合格だった理由は、パーマリンクを変更したことによる記事のリンク切れでした。

不合格の翌日、残業して帰ってきた後に、全記事(といっても30~40記事くらい)確認して、修正する方法も調べて、徹底的に問題部分を解消しました。

 

そして約2~3週間後に再審査に出しました。

この時の不合格通知がなかなか届かず、審査に出してから3週間くらい掛かったと記憶しています。

 

かなり苦労して問題箇所を修正し、なんとなく大丈夫だろうと悶々としながら3週間が過ぎたころ、絶望に突き落とす不合格通知を受け取ったのでした。

 

2度の不合格で感じていたこと

何と言うか・・

当時はまだネットビジネスの事もそこまで分かっていなかったので、アドセンスに合格できないから、会社を辞めて一人ビジネスに挑戦する道が断たれた・・と思っていたんですね。

逆に言うと、アドセンスに物凄い希望を持っていました。

 

その希望が無くなった・・・

これまで書いた記事も無駄だった・・・

結局会社を辞めて1人ビジネスをするなんて無理なんだって思いました。

 

2度目の不合格通知を受け取った日は、さすがに記事を書く気力や、不合格だった部分を修正する気にもなりませんした。

その次の日あたりまで、引きずっていた気がします。

 

複数回の不合格って、本当にキツイです。

心が折れます。

 

人間、悪い方に考え出すと、どんどん悪循環に陥るものです。

当時の僕は、結局は好きなことで1人ビジネスなんて、特別な才能とか経験がある人じゃないと無理なんだ・・とか思い始めたりしました。

自分には特別な才能なんて無いから、やっぱり会社員のままでいるのが身の丈に合っているんだ・・・。

 

自分のブログにアドセンス広告が表示できるようになること、それが会社を辞める為の大きな希望と思っていた僕は、そんな感じで、かなりヘソが曲がった状態に陥りました。

 

んで、2度目の不合格通知から3日後くらいに、修正箇所をやぶれかぶれで直して3度目の審査に出しました。

一般的には、不合格から2週間くらい経ってから再審査に出します。

それは知ってました。

 

でも、この時の僕は『もういいや』っていう感じで、かなり投げやりに再審査に臨んでいました。

 

そして、3度目でようやく審査を通過しました。

 

アドセンスに感じた限界

こんな感じで2度目の合格で、相当なショックを受けて絶望していた僕ですが、今になって思えばそこまで悲観的になることなかったなって思ってたりまします。

 

実際のところ、アドセンス収益だけで生活していくのは、かなり大変です。

不可能ではありませんが、超有名ブロガー並みのPV数が必要になります。

アドセンスブログだけで生活する為の目標アクセス数はどのくらい?

2018.07.08

 

僕の場合、有名にはなりたくないと言うか、出来るだけ目立ちたくないという性質なので、有名ブロガーになるのは困ります。

と言うか、アドセンスの収益で生活するだけのアクセス数を叩き出すのは、そもそも僕には無理だと思ってます。

そこまでのPV数を叩き出し続けるだけの、強靭なハートを僕は持っていません・・・。

 

頂上が見えないような高い山に登るより、頂上が見える位置にあって『自分でも登れるかも!』っていう山に登る方が、僕は頑張れます。

 

アドセンス審査の時だって、最初は自分でも出来そうかも、と思っていました。

でも、2回も不合格になったことで、自分には登れない山だった・・と思って投げやりになりました。

 

結果的にアドセンス審査は通過したけれど、アドセンスでは僕の理想は叶えられないことが分かりました。

アドセンスでは、僕が上りたい山に登ることが出来ませんでした。

 

確かに、お小遣い程度の収益は発生してますが、それだけでは生活は出来ないし、会社を辞めることもできなかったんですね。

 

 

アドセンス審査に通らなかった経験も大切

そして、アドセンス審査に落ちたという経験は、決して無駄になりません。

 

アドセンス合格を目指す人は多いです。

アドセンス不合格に悩む人も多いです。

そんな人に向けて、あなたの経緯を伝えることもできますね!

 

ネットで聞きかじった情報より、実体験の方が重みがあります。

アドセンスの合格基準て曖昧なので、『こうすれば合格できる』っていうよりも『こうすると不合格になる』っていう情報の方が大事だったりします。

 

その情報を伝えるとしたら、不合格だったことが多い方が、より真実味を帯びてきませんか?

 

極端な話ではありますが、例えば100回審査に出しても不合格だったりしたら、目的が合格することじゃなくて何回連続で不合格になるか?みたいな感じになって、合格した方がショックになったりするかもしれません。

それはそれで、とても貴重な経験です。

 

アドセンスじゃない方が幸せになれる

僕が今思うことは『アドセンスが無いなら無いでなんとかなる』っていうことです。

 

報酬額は下がりますが、アドセンス以外にもクリック報酬型のサービスは存在しています。

だからといって、アドセンスの収益なら生活していける訳でもありません。

どっちにしても、クリック報酬型サービスだけで会社を辞めると言うのは、僕にとっての理想じゃありませんでした。

 

凄いPV数を叩き出し続けて、アドセンス収益で生活することは出来るかもしれません。

でも、そこには『有名にってしまうかもしれない』という、僕にとって最悪なデメリットが存在します。

そして、凄いPV数を維持し続けるには、常に最新の流行を追い続けなければなりません。

 

僕は流行とかに興味が無くて、自分の趣味を追求することに楽しみを感じるタイプです。

 

結局のところ、アドセンスでは僕の性格に合ったライフスタイルは実現できないことが分かったんです。

 

僕は昔から、共通の趣味嗜好を持つ人たちと親密になることが多いです。

つまり、自分が一緒にいて心地良い人たちとを繋ぐものこそが『趣味』であり『好きなこと』です。

 

そんな趣味や好きなことを活かして、何か自分の商品とか電子書籍を作って、一緒に居て心地良い人たちと交流する未来。

僕はその方が、やっていて楽しいし、なにより幸せだと思っています。

 

まとめ

アドセンス審査に通らないと、本当に心が折れそうになります。

それは、僕も経験したので痛いほどわかります。

 

でも、大事なのは・・・

アドセンスで稼げるようになる将来が、あなたにとって理想であるかどうか?だと思います。

 

何十万っていうPV数のブログを作ることを目指して、アドセンスを活用するのもOKです。

でも、他のクリック報酬型広告を検討してみるのも有りだし、クリック報酬型広告自体を重視しない方法も有りです。

 

会ったことも無い人から非難を受けまくるような有名人になるよりは、気の合う仲間たちだけと交流する生活を目指したいっていうのもOKです。

その場合は、そこまでアドセンスに重きを置かなくても大丈夫です。

 

何回もアドセンス審査に挑戦している時こそ『まぁ、審査が通ればラッキー』くらいの気持ちで審査に臨んでみるといいのかなと、僕は考えています。

 

では、アドセンス無しで稼ぐには、どうすれば・・・??という場合は、コチラの記事もご覧ください。

アドセンスは稼げない!早く諦めるのが稼げるようになる最短距離です

2019.01.15

アドバイスもしていますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!