ブログが書けない!時間が無くても三ヶ月で100記事書く為に必要なこと

どうもです。

拓です。

 

ブログって1日1記事以上書かなければダメとか言ったりします。

なんですが、仕事やら家事やらで忙しくて記事を書く時間が無いっていう場合もあるかと思います。

というか、そんな日ばっかだったりします。

 

僕は、会社員時代にブログを始め、帰宅が夜中の22時~翌未明の中で、1日1記事書き続けて3ヶ月で100記事くらい書くことができました。

別に自慢したいわけじゃないですよ・・。

 

最初の100記事書くのがしんどい、モチベが上がらなくて記事が書けない・・。

そんなお悩みを抱える方がいらっしゃるので、僕が時間が無い中でどうやって記事が書けたのかをお伝えできればなと思いました。

 

なにも根性や気合いは必要はないんですよ。

 

 

どうやって1日1記事書き続けたか?

結論から言います。

寝る時間が減りました。

 

身も蓋もない結論ですが、それが全てです。

どうしても書き上げられない時は、そのままにして休みの日に書き上げるとかやってましたが、根本的には睡眠時間を削って書いていました。

僕自身が記事を書くコツを知っていたわけでも、センスがあったわけでもありません。

 

もともと、残業が多い仕事をしていたのですが、夜中の0時過ぎに帰ってきた時なんかでも、何かしら記事は書いていました。

 

睡眠時間を犠牲にして、記事を書く時間にあてていた。

これが、僕のやり方でした。

 

 

なんで睡眠時間を削ってまでやれたのか?

という感じで寝る時間が減ったわけなんですが、なぜそんな状態になってまで記事が書けたのかなと振り返ってみると、要因は1つだけな気がします。

 

それは、好きなことを記事にしていたからです。

単純に稼ぐためっていうのを目標にして、流行のこととか興味の無いこととかを記事にしていたら、多分無理でした。

もともと歴史が好きで、これまでため込んでいたネタとかもあって、それを吐き出していた感じです。

時には忘れていたり、よく分からないことがあったりもするのですが、根本的に好きなことだったから色々と調べて記事に出来たんだと思います。

 

決して、意志が固いからとか、根性があるからとかではないです。

どちらかと言うと、根性の無さには自信があります。

嫌なことはやらない性格だし、諦める時は、すぐに諦める方だと思います。

会社員時代もめんどくさいことを如何にして避けるか?っていうことをよく考えてましたし・・。

 

なんというか、僕って凝り性な所があるので、それがいい方向に働いたケースなのかなとも思います。

 

意志が固いとか、根性があるとか、文章を書くのが得意だったとか、要領が良いとか、そういうことでは全く無いです。

ずっと前から歴史が好きで、これまでは趣味で得た知識をインプットしていただけだったけど、それをブログに書くことでアウトプットしていただけだった。

というのが真相なんです。

 

もっと言うと、いくら歴史が好きとは言え、あまり興味のない時代や出来事などもあります。

実は、そういった部分はほとんど記事にしていません。

好きな歴史の中でも、本当に自分が好きな部分、興味がある部分ばかりを書いていました。

それは今でも変わっていません。

 

興味がない歴史を調べてると眠くなってしまうので、とくに残業後に書くには厳しかったと思われます。

 

 

結局は・・

というわけで、僕の場合は単純に好きなことを書いていたから時間が無くても睡眠時間を削って記事が書けたっていうことです。

記事書きの時間を確保するため、スキマ時間を使ったりとか若干の小細工はしていましたが、根本的には好きなことだったからっていう理由です。

そこにはモチベーションが高い低いも無くて、趣味の延長線上だったという感じです。

 

ブログを始める前から、残業で帰りが遅いのは当たり前でした。

ですが、翌朝起きるのが辛くなるのは分かっていても、格闘ゲームの練習をしたり、プラモを作ったり、歴史の本を読んでいたりしてたのですが、それと同じ感覚で記事を書いていんだと思います。

 

僕の場合は、好きだから出来たというのが実際の所です。

だからといって、あなたに寝ないでやりなさいと言うつもりはないです。

 

記事を継続して書くテクニックなんてないと思っています。

結局は、やるかやらないか、それだけなんだと思います。

 

だからこそ夢中になれるもの、ハマっているものを記事にするのがいいと思っています。

 

時間が無くて記事が書けない、でも眠いっていう時は、途中で記事を公開してもいいと思いますし、後日続きを書いてもいいと思います。

僕にもそういう日がありました。

出来事の時系列を調べていたら眠くなって、そのまま寝ていたこともありました。

完璧を求める必要はないです。

 

記事が思うように書けない時期が続くと、変なイライラに襲われて余計に書けなくなったりします。

好きなことを書きつつも、書けなかった時はそれはそれでOK。

そのくらいの気持ちで取り組むと、逆にうまくいくと言うのが僕の考えです。

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!