残業続きの僕がお伝えする仕事で忙しい人が3ヶ月で100記事書くコツ

お疲れ様です。拓です。

 

おはようございますなんて言ってますが、この記事を書いている時間は夜中の12時半です。

さっき仕事から帰ってきて、遅すぎる夕飯を食べた後です。

そして、これから記事を書きます。

 

僕の普段やってる仕事は残業が多いので、日が変わってから帰ってくることも珍しくありません。

今日はこれから記事を書きますが、疲れ果てて書けない日も当然あります。

 

ブログは3ヶ月で100記事書けるかが勝負!なんてことをよく耳にします。

僕もそれを信じ、残業の多い毎日でもなんとか3ヶ月で90記事くらいは書くことができました。

ちなみに、そのブログは別の趣味ブログですけどね。

 

今回は、そんな残業続きの僕が3ヶ月で100記事(近く)まで書き上げることができた方法をお伝えしてみます。

 

趣味ブログで3ヶ月100記事目指す

まず、大前提として趣味をテーマにしたブログだったことが大きいです。

別に好きでもないことを記事にしようとしたら、おそらく達成できなかったと思います。

 

流行や話題を追いかけ、好きでもないことを記事にする・・・トレンドブログというやつですね。

 

僕の場合、あまり流行に敏感ではなく、どちらかと言うと好きなものにハマり続ける正確なので、トレンドを追い続けるなんて苦痛でしかありません。

その点、趣味ブログは書いていて苦痛は感じなかったです。

 

趣味ブログだからネタに困らない

よく100記事も書けるネタがない・・なんて事も耳にします。

 

確かに僕も始める前はそう思ってました。

 

ところが趣味でブログを始めてみたら、ネタ切れになるなんてことは一切ありませんでした。

それどころか、日々記事を書いていると、そこからさらに発展した記事が思いついたりします。

 

記事として成立するかはさておき、構想段階のネタを下書きに書き留めているので、そっから引っ張り出したりもしています。

 

とにかく好きな事をテーマにしているので、140記事近くなった今もネタ切れになっていません。

 

 

休みの日にまとめて書いてしまう

よく記事を書く時間がない・・なんてことも耳にします。

その通りです。無いです。

 

文字数にもよりますが、なんだかんだで1記事書き上げるのに1~5時間くらいかかってます。

 

冒頭でも触れた通り、僕は仕事の帰りが遅いです。

趣味ブログとは言え、平日に密度の濃い記事を書き続けるのは至難の業です。

では、なぜ3ヶ月で90記事が書けたのか?

 

答えは簡単です。

余裕がある時に書き溜めていたからです。

 

特に予定のない休日には3記事くらいは書いていましたし、奇跡の定時帰りの時なんかも数記事書いていました。

そして、帰りが遅くなって記事が書けなかった時は、ストック記事を順番に公開していただけです。

 

最近は記事を書く前にリサーチしていたりするので、以前のような量産体制はとれなくなりましたが、最初はとにかくガムシャラに書きまくる方が良いです。

ブログはいつでも修正できますからね。

 

 

まとめ

とりあえず、今午前1時を過ぎました。

この記事は、約1500文字です。

およそ30分くらいで書き上げました。

 

なんとなく思いつくままにダーっと書いてみたので、かなり未完成な記事になってます。

なので後で直します。

 

仕事をしながら、毎日質の高い記事を書くのはなかなか大変です。

なので、まずはこんな感じで土台となる記事を書いて、時間のある時、モチベーションの高い時に修正するのも一つのやり方です。

 

どんな仕事も、今はお盆休み前の繁忙期だと思います。

未完成な記事でもいいから、まずは自分なりのペースを掴んで日々記事をかいてみてください。

僕の先生や、その師匠の方も未完で良いとおっしゃっています。

 

明日も休日出勤・・・仕事をしながら毎日ブログのことばかり考えているダメ男の3ヶ月で100記事書くコツでした。

もはや、どっちが本業なんだか・・・。

 

 

ゆる~く頑張りながら『趣味三昧な部屋に籠って過ごす毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!