コンサルで何を相談・質問して良いかわからない時の判断基準

どうもです。

拓です。

 

サポートをしているお客さんや、メルマガの読者さんから時折いただくお悩みの中に『何を質問していいのか分からない』というものがあります。

ブログはすでにやっており、誰かのコンサルやサポートを受けていたりと、すでに相談できる環境は持っているけど、何をどこまで聞いていいのやら・・・というケースもありますよね。

これって、会社での仕事に関して、上司に相談・質問する場合でも感じることがあるのではないでしょうか?

 

どこまでは質問OKで、どこからはダメ、という明確な線引きは難しいのですが、会社員時代から今現在まで僕が意識していること、会社員時代に部下からの相談に対して、そして今は、サポートやコンサルをする側として、ある種の基準みたいなものをお伝えしてみようかなと思います。

 

ただ、これはあくまで僕個人の判断基準であり、人それぞれで許容範囲は違うと思います。

また例外も多く存在します。

そこは理解した上で、参考にしていただけると嬉しいです。

 

ネットで調べればわかることかどうか?

その基準のひとつが、『ネットや本で調べればわかることかどうか?』です

言い換えるなら、ググればわかることか?もしくはそうでないか?ですね。

 

例えば、【ワードプレスのテーマはどうすれば変更できますか?】とかは、ネット上にも情報がいっぱい転がってますので調べればわかることです。

往々にして『システム的なこと』っていうのはだいたいネットに情報があります。

 

こういった案件は、一通り調べたけどそれでもお手上げ、という場合に質問する感じかなと思います。

 

一方、『この記事をこんな意図で書いたのですがどうでしょうか?』という質問は、誰かが読むことで初めてわかることなので、ネットで調べてもわからないですよね。

あるいは、『こんな記事を書きたいのですが注意することはありますか?』とか『こんなキーワードでタイトルを付けてみたのですがどうでしょうか?』といった案件も、ネットで調べても解決しないことですよね。

 

この自分で調べればわかることかどうか?とうのを基準にするとよろしいかと思います。

 

質問の仕方も意識する

もうひとつ判断基準となるのが『その人に聞いて正確な答えが得られる質問なのかどうか?』です。

 

例えば、『Googleアドセンスの審査はどうすれば合格できますか?』と僕に質問されても、僕はGoogleの人間ではないし、なによりGoogleが明確な合格基準を明らかにしていません。

なので、僕には答えられないという回答になります。

そもそもアドセンスの合格基準予測に関しても、星の数ほどの記事がネット上に散乱していますので、ググれば分かることでもあります。

 

ただし、質問の投げかけ方によっては回答できるパターンがあります。

 

例えば、『アドセンス審査を通過するために意識していた事はありますか?』とか、『アドセンス審査を通らなかった時はどんな対応をしましたか?』といった感じであれば、これまでの合格事例や自身の経験談からお伝えできることがあります。

 

つまり、同じ案件でも聞き方によっては回答できるということですね。

これは、職場内で上司とうまくやっていくためにも必要なスキルかなぁとも思います。

 

まとめ

以上、コンサルで何を相談・質問して良いかわからない時の判断基準でした。

 

  • 【ネットや本で調べればわかることかどうか?】
  • 【その人に聞いて正確な答えが得られる質問なのかどうか?】

という2点を基準にしつつ、聞き方を工夫しながら質問されると良いかなと思います。

 

今回は、あくまで僕が質問する時に意識していることをお伝えしました。

しつこいようですが、基準は人によって違いますし例外もあります。

なので、参考程度にして頂ければと思います。

 

 

一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ

電子書籍無料配布中!